「CEDEC AWARDS 2021」優秀賞(最優秀賞ノミネート)20組が発表―「特別賞」にはマーク・サーニー氏が選考 | GameBusiness.jp

「CEDEC AWARDS 2021」優秀賞(最優秀賞ノミネート)20組が発表―「特別賞」にはマーク・サーニー氏が選考

一般社団法人コンピュータエンターテインメント協会は、「CEDEC2021」の「CEDEC AWARDS 2021」にて、優秀賞(最優秀賞ノミネート)20組を発表。さらに「特別賞」にて、マーク・サーニー氏を選考したと発表しました。

その他 イベント
「CEDEC AWARDS 2021」優秀賞(最優秀賞ノミネート)20組が発表―「特別賞」にはマーク・サーニー氏が選考
  • 「CEDEC AWARDS 2021」優秀賞(最優秀賞ノミネート)20組が発表―「特別賞」にはマーク・サーニー氏が選考
  • 「CEDEC AWARDS 2021」優秀賞(最優秀賞ノミネート)20組が発表―「特別賞」にはマーク・サーニー氏が選考

一般社団法人コンピュータエンターテインメント協会は、「CEDEC2021」の「CEDEC AWARDS 2021」にて、優秀賞(最優秀賞ノミネート)20組を発表。さらに「特別賞」にて、マーク・サーニー氏を選考したと発表しました。

本年度のコンピュータエンターテインメント開発者向けカンファレンス「CEDEC2021」ですが、“技術面から見る、コンピュータエンターテインメントの開発・進歩・発展に大いに貢献した開発者、その功績を称える”「CEDEC AWARDS 2021」にて、優秀賞(最優秀賞ノミネート)に選ばれた20組を発表。さらに「特別賞」にて、歴代PlayStationの設計・開発に深く携わり、今なお最高のゲーム体験を提供すべく活躍し続けている、マーク・サーニー氏を選考したと発表しました。

なお最優秀賞は、8月25日(水)17:30よりライブ配信予定となっている、オンライン発表授賞式にて発表するとのことです。

「CEDEC AWARDS 2021」の優秀賞20組を選考。最優秀賞は、8月25日(水)にライブ配信!


日本最大のコンピュータエンターテインメント開発者向けカンファレンス「CEDEC2021」は、コンピュータエンターテインメント開発の進歩へ顕著な功績のあった技術にフォーカスし、技術面から開発者の功績を称える「CEDEC AWARDS 2021」の優秀賞(最優秀賞ノミネート)20組を選考しました。

コンピュータエンターテインメント開発全般に貢献した方を表彰する「特別賞」は、歴代プレイステーションの設計・開発に深く関わられ、素晴らしいゲーム体験を提供し続けているマーク・サーニー氏に決定しました。



「CEDEC AWARDS 2021」の優秀賞(最優秀賞ノミネート)は、CEDEC2020の受講者アンケートで高評価を得た講演者と、CEDEC2021のセッションを選定するセッションワーキンググループの各分野のプロデューサーとで組織する「CEDEC AWARDS 2021 ノミネーション委員会」が、「エンジニアリング」「ビジュアルアーツ」「ゲームデザイン」「サウンド」の4部門で計20組を選考しました。

優秀賞の中から、CEDEC2021受講者、講演者の投票を経てCEDEC運営委員会により、栄えある最優秀賞を各部門それぞれ1組決定します。なお、本年は昨年に引き続きオンライン開催のため、例年はCEDEC会場内で行っていた発表・授賞式は行わず、8月25日(水)17:30より、オンライン発表授賞式をライブ配信します。

これらの優秀賞(最優秀賞ノミネート)の詳細およびCEDEC AWARDSの実施概要は、CEDEC2021公式Webサイトをご覧ください。

「CEDEC AWARDS 2021」特別賞



●授賞者:
マーク・サーニー氏
●授賞理由:
歴代PlayStationの設計・開発に深く関わられ、素晴らしいゲーム体験を可能とするプラットフォームを提供するとともに、『クラッシュ・バンディクー』や『ラチェット&クランク』といったPlayStationを代表する多くのヒット作の制作にも参画してきた。ハード・ソフトを問わず“遊び”を常に最先端でリードすることで、ゲーム産業の発展を支え、業界をけん引し続けている。
●略歴:
  • 2020年にソニー・インタラクティブエンタテインメント史上最大の規模でロンチした最新機PlayStation 5を含む、近年のPlayStationプラットフォームのリードシステムアーキテクト。
  • ビデオゲーム業界で40年近くのキャリアを持ち、37のコンソールゲームおよびアーケードゲーム作品でゲームデザイナー、プログラマー、プロデューサー、ディレクターを務める。
  • 手がけた作品には『クラッシュ・バンディクー』、『ジャック×ダクスター 旧世界の遺産』、『ラチェット&クランク』、『RESISTANCE~人類没落の日~』、『KNACK』、『人喰いの大鷲トリコ』、『Marvel's Spider-Man』、『DEATH STRANDING』、『Marvel's Spider-Man: Miles Morales』、『ラチェット&クランク パラレル・トラブル』など歴代のPlayStationで高い評価を受けた独占タイトルが含まれる。
  • 1998年、自身のコンサルタント会社であるサーニーゲームズを設立。
  • 2004年、International Game Developers Associationの生涯功労賞を受賞し「コラボレーションの達人」、「何でも屋」と称されている。
  • 2010年、Academy of Interactive Arts & Sciencesの13人目の殿堂入りを果たす。

「CEDEC AWARDS 2021」優秀賞(最優秀賞ノミネート)一覧(敬称略)


【エンジニアリング部門】

●対象:
ハードウェアベンダーに中立な形でのリアルタイムレイトレーシング用APIの策定
●受賞者(現所属社名):
「DirectX Raytracing」開発チーム(マイクロソフト)

●対象:
動的物体、動的光源に対応したリアルタイムレイトレーシングによるレンダリングの実現
●受賞者(現所属社名):
「Minecraft with RTX」開発チーム(マイクロソフト)

●対象:
プロシージャル技術により、地球上のあらゆる場所の風景をリアルに表現
●受賞者(現所属社名):
「Microsoft Flight Simulator」開発チーム(マイクロソフト)

●対象:
業界の技術発展に貢献したQA支援システムの開発技術やノウハウ
●受賞者(現所属社名):
龍が如くスタジオ ドラゴンエンジン開発チーム(セガ)

●対象:
キャラクターAIの意思決定技術に関する基礎技術及び実応用事例の共有
●受賞者(現所属社名):
長谷洋平(バンダイナムコスタジオ)



【ビジュアルアーツ部門】

●対象:
日本人の感情に訴えかける力をもった総合的なビジュアルクオリティ
●受賞者(現所属社名):
『Ghost of Tsushima』開発チーム(Sucker Punch)

●対象:
熱さと可愛さが詰め込まれたビジュアル
●受賞者(現所属社名):
『ウマ娘 プリティーダービー』開発チーム(Cygames)

●対象:
リメイクの域を超え、一流のビジュアルで新たに生み出された『FFVII』の世界とゲーム体験
●受賞者(現所属社名):
『FINAL FANTASY VII REMAKE』開発チーム(スクウェア・エニックス)

●対象:
2D最高峰の美麗グラフィックは更に進化
●受賞者(現所属社名):
『Ori and the Will of the Wisps』開発チーム(Moon Studios)

●対象:
紙の温かさをデジタルで伝える繊細なビジュアル表現
●受賞者(現所属社名):
『ペーパーマリオ オリガミキング』開発チーム(任天堂)



【ゲームデザイン部門】

●対象:
VRによるアドベンチャーゲームの再構築
●受賞者(現所属社名):
『ALTDEUS: Beyond Chronos』開発チーム(MyDearest)

●対象:
マーダーミステリーの可能性を切り開いたゲームデザインと物語体験
●受賞者(現所属社名):
ゲームクリエイター じゃんきち(佐藤倫)

●対象:
ゲームとしてニッチな分野に強く光を当てたテーマ選択とこだわり
●受賞者(現所属社名):
えーでるわいす(えーでるわいす)

●対象:
ARゲームとしてトランスメディアストーリーテリングを取り入れる斬新性
●受賞者(現所属社名):
『ガラパゴスの微振動』開発チーム(ENDROLL)

●対象:
拡張性の高いコンテンツ構成と「観て」プレイするゲーム性
●受賞者(現所属社名):
『ウマ娘 プリティーダービー』開発チーム(Cygames)



【サウンド部門】

●対象:
機械学習AIを活かした豊富なツール群によるサウンド制作の作業効率化及び高度なオーディオリペアの実現
●受賞者(現所属社名):
Alexey Lukin(iZotope Principal DSP Engineer)(iZotope)

●対象:
異国の歴史を題材とした作品を現地の人間がプレイして違和感の無い水準で完成させているサウンド演出
●受賞者(現所属社名):
『Ghost of Tsushima』開発チーム(Sucker Punch)

●対象:
最高のイマーシブオーディオ体験を実現する新型ハードウェアの開発
●受賞者(現所属社名):
Tempest3Dオーディオエンジン開発チーム(ソニー・インタラクティブエンタテインメント)

●対象:
緻密で驚異的なディテールのサウンドデザインによる「没入できる世界」の表現
●受賞者(現所属社名):
『The Last of Us Part II』サウンド開発チーム(NAUGHTY DOG)

●対象:
既存のオーディオ素材をリアルタイム処理、全く別の素材、質感に置き換える技術
●受賞者(現所属社名):
Orfeas Boteas(KROTOS)
《Ten-Four》

この記事の感想は?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら