「Steam Deck」はオプション式FPSリミッターを内蔵―高FPSが不要なゲームでバッテリーを長持ちさせる | GameBusiness.jp

「Steam Deck」はオプション式FPSリミッターを内蔵―高FPSが不要なゲームでバッテリーを長持ちさせる

高フレームレートを必要としないタイトルは、この機能でバッテリーを長持ちさせられそうです。

ゲーム開発 その他
「Steam Deck」はオプション式FPSリミッターを内蔵―高FPSが不要なゲームでバッテリーを長持ちさせる
  • 「Steam Deck」はオプション式FPSリミッターを内蔵―高FPSが不要なゲームでバッテリーを長持ちさせる

Valveに所属するPierre-Loup Griffais氏は、先日発表されたValveの携帯型ゲーミングPC「Steam Deck」にフレームレート制限機能が内蔵されていることを明らかにしました。


この機能を使えば、例えば『Portal 2』を30FPSでプレイすると無制限の場合は4時間のところ、制限をかけた場合は最大で6時間バッテリーが長持ちするといいます。高いフレームレートを必要としないゲームは、この機能をオンにしてバッテリーを長持ちさせるといった使い方ができそうです。


さらに先日、海外メディアIGNのインタビューで「30FPSをターゲットにしている」という発言がなされましたが、これはあくまでも30FPSが最低の基準値だとしており、Valve側がテストしたゲームは一貫して基準を満たして上回っているとのことです。


Steam Deckは一部地域向けに予約購入を受付中。本記事執筆時点では、残念ながら日本は対象国に含まれていません。

《みお@Game*Spark》

この記事の感想は?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら