Activisionが『CoD:MW』ゴースト役の声優とパートナー関係を解除―性差別発言に対する訴えを受けて | GameBusiness.jp

Activisionが『CoD:MW』ゴースト役の声優とパートナー関係を解除―性差別発言に対する訴えを受けて

配信パートナーのFacebook Gamingは対応を明らかにしていません。

文化 その他
Activisionが『CoD:MW』ゴースト役の声優とパートナー関係を解除―性差別発言に対する訴えを受けて
  • Activisionが『CoD:MW』ゴースト役の声優とパートナー関係を解除―性差別発言に対する訴えを受けて

Activisionが、『コール オブ デューティ モダン・ウォーフェア』でゴーストを演じたジェフ・リーチ氏と関係を絶ったと、複数の海外メディアが伝えました。


Twitterには、2017年から2020年にかけてジェフ・リーチ氏が発言した性差別的な発言がまとめられた動画が投稿。この映像にはストリーマーTheZombiUnicorn氏を侮辱する発言や、性差別的なものを含む暴言を発する様子が収められています。


海外メディアCharlie INTELによると、Activisionはリーチ氏との関係を解除し、「性差別は我々の業界、ゲーム、社会には必要ありません。我々はこの発言を強く非難します。私たちはすべてのプレイヤーに楽しく安全な体験を提供することを約束します。」といった声明を発表しています。



この対応はストリーマーTheZombiUnicorn氏による「なぜリーチ氏が未だにActivisionやFacebook Gamingとパートナーを維持しているのか」という訴えが再浮上したことによるものとしています。なお、本記事執筆時点では配信パートナーのFacebook Gamingは対応を明らかにしていません。





なお、これに対してジェフ・リーチ氏は「文脈を無視して切り取られた動画で、個人を標的にした人格攻撃である」と反論。『ウォーゾーン』をプレイ中に発した暴言についても、荒らしユーザーに対して発したものであると説明しました。

《みお@Game*Spark》

この記事の感想は?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら