デジタル版ゲーム販売をPlayStation Storeのみで行っているのは「不当な独占」―ソニーがアメリカで集団訴訟を受ける | GameBusiness.jp

デジタル版ゲーム販売をPlayStation Storeのみで行っているのは「不当な独占」―ソニーがアメリカで集団訴訟を受ける

ソニーは2年前にAmazonやウォルマート向けのダウンロードコード販売を終了しています。

その他 事件
デジタル版ゲーム販売をPlayStation Storeのみで行っているのは「不当な独占」―ソニーがアメリカで集団訴訟を受ける
  • デジタル版ゲーム販売をPlayStation Storeのみで行っているのは「不当な独占」―ソニーがアメリカで集団訴訟を受ける

ソニー・インタラクティブエンタテインメントがプレイステーション向けゲームのデジタル版販売を不当に独占しているとして、アメリカの複数の消費者から提訴されていることが明らかになりました。


海外メディアBloombergによると、集団訴訟の訴状はサンフランシスコにある連邦地裁へと提出。ソニーが2年前に米Amazonやウォルマートなどへダウンロードコードを販売しなくなったことで「PlayStation Store以外でデジタル版ゲームを購入できなくなった」ことが市場競争を妨げているとしています。


訴状では、ソニーの独占の結果、同じゲームのデジタル版の価格がディスクと比べて最大175%高くなったケースもあるとしています。なお、Bloombergではソニーの担当者への問い合わせをしていますが、現在まで返答は行われていないようです。

《Mr.Katoh@Game*Spark》

この記事の感想は?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら