『ウィッチャー3』ディレクターがCD PROJEKTを退社―「多くの人が私と仕事することに恐怖やストレス、不快感を感じている」 | GameBusiness.jp

『ウィッチャー3』ディレクターがCD PROJEKTを退社―「多くの人が私と仕事することに恐怖やストレス、不快感を感じている」

『サイバーパンク2077』にも複数の役職で携わっていました。

企業動向 人事
『ウィッチャー3』ディレクターがCD PROJEKTを退社―「多くの人が私と仕事することに恐怖やストレス、不快感を感じている」
  • 『ウィッチャー3』ディレクターがCD PROJEKTを退社―「多くの人が私と仕事することに恐怖やストレス、不快感を感じている」

海外メディアBloombergが、『ウィッチャー3』のディレクターなどを務めたKonrad Tomaszkiewicz氏がCD PROJEKTを退社したと伝えました。


Tomaszkiewicz氏は職場でのいじめを行っているという告発がなされ、社内で数ヶ月に及ぶ調査を行っていました。その後疑惑を調査するための委員会が結成され、委員会の調査により無実であることが証明されたといいます。しかし今回、「それにもかかわらず、多くの人が私と仕事することに恐怖やストレス、不快感を感じている」という理由で退職したことを明かし、「自分が引き起こしたすべてのわだかまり」についてスタッフに対して謝罪しました。


Bloombergによる取材に対し、Tomaszkiewicz氏は退社が事実であるということと会社の取締役会で決定したものであるということをを認め「悲しくて、ちょっと失望して、辞職しました。」と話しました。しかし「素行を変えるのは長くて大変なことですが、私は諦めずに変わっていきたいと思っています。」とコメントしました。


同氏は、2004年2月にジュニアテスターとしてCD PROJEKTに入社し、初代『ウィッチャー』に携わり、その後も『ウィッチャー2』やDLC含む『ウィッチャー3』の開発に参加しました。最近では『サイバーパンク2077』にデザインディレクターや副ゲームディレクター、制作責任者など複数の役職で関わっていました。

《みお@Game*Spark》

この記事の感想は?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら