「自殺しろ」―『フォートナイト』公式大会グランドファイナルに出場予定だった選手がEpic Games幹部に誹謗中傷を送り、チーム全体の出場資格が取消に | GameBusiness.jp

「自殺しろ」―『フォートナイト』公式大会グランドファイナルに出場予定だった選手がEpic Games幹部に誹謗中傷を送り、チーム全体の出場資格が取消に

一体なぜ当該選手がそのような誹謗中傷をしたのかについては不明です。

その他 事件
「自殺しろ」―『フォートナイト』公式大会グランドファイナルに出場予定だった選手がEpic Games幹部に誹謗中傷を送り、チーム全体の出場資格が取消に
  • 「自殺しろ」―『フォートナイト』公式大会グランドファイナルに出場予定だった選手がEpic Games幹部に誹謗中傷を送り、チーム全体の出場資格が取消に


フォートナイト』チャプター2シーズン5の公式大会「FNCS(Fortnite Champion Series)」の予選を突破しグランドファイナルに出場予定だったWrigley選手が、Epic GamesのDonald Mustardチーフクリエイティブオフィサーに対してSNS上で誹謗中傷を行ったとして、出場資格を取り消されました。


Wrigley選手は現地時間3月13日、TwitterにてMustard氏のアカウント宛に「Like literally fucking k!ll your$elf」と投稿。一部が記号に置き換えられているものの、「まあマジで自殺しとけや」といった意味の、ひどく暴力的な言葉遣いとなっていました(本記事執筆時点でWrigley選手のアカウントは削除済)。


そして現地時間3月14日、Wrigley選手のチームメイトであるDictate選手のもとに「FNCS」大会運営からのメールが。Wrigley選手の行動が公式ルールの「大会に参加するプレイヤーは、他のプレイヤー・イベント運営者・観戦者・スポンサーに対し敬意を表しなければならない」という部分に違反したとして、チーム全体の「FNCS」出場資格が取消されました。


Wrigley氏と同チームのメンバー、Dictate氏が受信した大会運営からのメール。


「代理選手を立てるチャンスがもらえたらなあ……。Wrigleyのしたことは僕らではどうしようもなかったし、僕らは人生を変え得るような大金を掴むため、果てしない時間を『フォートナイト』に投じてきた。皆が@FNCompetitiveのメンションタグをつけて大会運営の気を引いてくれたら嬉しいな。」


一体Wrigley選手がどういった経緯・文脈で上記のようなツイートを投稿したのかは不明ですが、少なくとも彼の分別のないツイートのせいで、本人だけでなくチームメイト2人の貴重なチャンスまで奪うことになってしまった、ということだけは確かです。

《S. Eto@Game*Spark》

この記事の感想は?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら