ブロックチェーンMMORPG『Nine Chronicles』、ゲーム全体がGPLライセンスでオープンソース化―2021年内にSteam版も配信予定 | GameBusiness.jp

ブロックチェーンMMORPG『Nine Chronicles』、ゲーム全体がGPLライセンスでオープンソース化―2021年内にSteam版も配信予定

ブロックチェーン技術を利用した無料MMORPGがオープンソース化を発表。アートアセットも自由に利用可能に。

ゲーム開発 その他
ブロックチェーンMMORPG『Nine Chronicles』、ゲーム全体がGPLライセンスでオープンソース化―2021年内にSteam版も配信予定
  • ブロックチェーンMMORPG『Nine Chronicles』、ゲーム全体がGPLライセンスでオープンソース化―2021年内にSteam版も配信予定
  • ブロックチェーンMMORPG『Nine Chronicles』、ゲーム全体がGPLライセンスでオープンソース化―2021年内にSteam版も配信予定
  • ブロックチェーンMMORPG『Nine Chronicles』、ゲーム全体がGPLライセンスでオープンソース化―2021年内にSteam版も配信予定
  • ブロックチェーンMMORPG『Nine Chronicles』、ゲーム全体がGPLライセンスでオープンソース化―2021年内にSteam版も配信予定


Planetariumは、MMORPG『Nine Chronicles』について、GPL3.0ライセンスの元でのオープンソース化と、Steam版を2021年内に配信することを発表しました。


本作は無料で遊べるブロックチェーンMMORPG。今回のオープンソース化により、同作の2Dのアセットからゲーム内のコードまで、ゲームのあらゆる部分を好きなように利用できるようになりました。コードはUnityエンジン上で動作します。






『Nine Chronicles』はPC向けに公式サイトで配信中。Steam版は2021年内に配信予定です。

《田上@Game*Spark》

この記事の感想は?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら