発売から約11年、ドイツ版『Left 4 Dead 2』が再審査により暴力表現規制を撤廃! | GameBusiness.jp

発売から約11年、ドイツ版『Left 4 Dead 2』が再審査により暴力表現規制を撤廃!

インターナショナル版に更新する無料DLCが配信。

産業政策 法規制
発売から約11年、ドイツ版『Left 4 Dead 2』が再審査により暴力表現規制を撤廃!
  • 発売から約11年、ドイツ版『Left 4 Dead 2』が再審査により暴力表現規制を撤廃!
  • 発売から約11年、ドイツ版『Left 4 Dead 2』が再審査により暴力表現規制を撤廃!


これまでドイツはゲームの暴力表現規制が厳しいといったイメージがありましたが、近年では『Mortal Kombat 11』も無修正で発売されるなど随分と緩和されています。その流れを受けてかValveは2009年に発売したCo-opゾンビシューター『Left 4 Dead 2』の再審査を依頼し、その結果ドイツで無修正のインターナショナル版が解禁されたことを明らかにしました


『Left 4 Dead 2』ティーザー映像


本日よりドイツ版『Left 4 Dead 2』のプレイヤーはゲームをインターナショナル版に更新する無料DLCがダウンロード可能です(日本からのアクセスは不可)。発売から約11年が経過しているにも関わらず、このような対応をしてくれるのはファンにとっても嬉しいことですね。



ちなみに、初代『Half-Life』や『Half-Life 2』、『Counter-Strike: Source』など、その他のValveタイトルも3~4年ほど前に無修正版が解禁されていました。

《RIKUSYO@Game*Spark》

この記事の感想は?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら