「実ゲーム内容の誤解招くゲームプレイ広告ダメ」英広告基準局が該当内容を規制へ | GameBusiness.jp

「実ゲーム内容の誤解招くゲームプレイ広告ダメ」英広告基準局が該当内容を規制へ

広告でよく見る「鍵を抜いてキャラクターを助けるアレ」のこと。

産業政策 法規制
VCG/Visual China Group/ゲッティイメージズ
  • VCG/Visual China Group/ゲッティイメージズ
英広告基準局は、ゲーム2作品に対し、その広告で示されたゲームプレイと、実際のコアとなるゲーム内容が全く異なるとして、広告の規制を行いました。

BBCが報ずるところによれば、今回対象となったのはモバイル向けゲーム『ホームスケイプ(Homescapes)』『ガーデンスケイプ(Gardenscapes)』の2作。いずれも、本来の主内容はマッチ3のパズルゲームであるのに関わらず、広告では、画面に表示されたピンを抜き、キャラクターを危地から救う物理パズルゲーム的な内容が表示されていました。

なお、広告には「実際のゲームプレイと異なることがある」旨の警告が記載されており、ゲーム自体にも全体から見るとごく僅かながら広告と同内容のゲームパートが含まれていましたが、広告基準局では広告の内容は誤解を招くと判断。今回の規制に至っています。

『Hero Wars』のものを中心に日本でも知られる同様の広告。今後、規制が英国外へと広がるかを含め、注目が集まるところかも知れません。余談ながら、今回問題となった広告に含まれるパズルゲームを実際にメインの内容としたタイトルも『Hero Rescue』などを始め登場しつつあります。
《Arkblade@Game*Spark》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら