1800年代のホグワーツを舞台にしたオープンワールド魔法RPG『ホグワーツ・レガシー』リリースが2022年に延期 | GameBusiness.jp

1800年代のホグワーツを舞台にしたオープンワールド魔法RPG『ホグワーツ・レガシー』リリースが2022年に延期

延期理由については「ファンに最高の体験を提供することが最優先事項であるため、ゲーム開発に必要な時間を与える」としています。

ゲーム開発 その他
1800年代のホグワーツを舞台にしたオープンワールド魔法RPG『ホグワーツ・レガシー』リリースが2022年に延期
  • 1800年代のホグワーツを舞台にしたオープンワールド魔法RPG『ホグワーツ・レガシー』リリースが2022年に延期

ワーナー・ブラザースとAvalancheは、新作オープンワールドRPG『ホグワーツ・レガシー』のリリースを、2022年に延期することを発表しました。

2020年9月にPC/PS5/PS4/Xbox Series X/Xbox One向けで発表された本作。プレイヤーは1800年代のホグワーツ魔法魔術学校を舞台に、強力な魔法の習得や仲間との交流を経て、魔法界の隠された古代からの謎を明らかにしていきます。

当初は2021年のリリース予定でしたが、今回の発表にて「ファンに最高の体験を提供することが最優先事項であるため、ゲーム開発に必要な時間を与える」として、2022年のリリースへと予定を延期しています。

『ホグワーツ・レガシー』は、PS5/PS4/Xbox Series X | S/Xbox One/PCで2022年に発売予定。現時点で日本向けPC版の展開については発表されていません。

《TAKAJO@Game*Spark》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら