NVIDIA、329ドルからのデスクトップ向け「GeForce RTX 3060」、ノートPC向け「GeForce RTX 30 シリーズ Laptop GPU」など発表 | GameBusiness.jp

NVIDIA、329ドルからのデスクトップ向け「GeForce RTX 3060」、ノートPC向け「GeForce RTX 30 シリーズ Laptop GPU」など発表

NVIDIAは、オンラインで開催中のCES2021にてNVIDIA Ampereアーキテクチャの最新のGPUを発表しました。

企業動向 発表
NVIDIA、329ドルからのデスクトップ向け「GeForce RTX 3060」、ノートPC向け「GeForce RTX 30 シリーズ Laptop GPU」など発表【UPDATE】
  • NVIDIA、329ドルからのデスクトップ向け「GeForce RTX 3060」、ノートPC向け「GeForce RTX 30 シリーズ Laptop GPU」など発表【UPDATE】
  • NVIDIA、329ドルからのデスクトップ向け「GeForce RTX 3060」、ノートPC向け「GeForce RTX 30 シリーズ Laptop GPU」など発表【UPDATE】


NVIDIAは、オンラインで開催中のCES2021にてNVIDIA AmpereアーキテクチャGPU「GeForce RTX 30 シリーズ Laptop GPU」を発表しました。あわせてレイトレーシングのパフォーマンスを大幅に向上させたデスクトップ向けGPU「GeForce RTX 3060」もお披露目されています。


次世代ノートPC向けと位置付けられている「GeForce RTX 30 シリーズ Laptop GPU」は、「GeForce RTX 3060/ 3070/ 3080」の3種が用意され、999ドルという比較的低価格帯のノートPCにも搭載される予定です。現在、同GPUを搭載したノートPCは70以上ラインナップされており、1月下旬より順次発売される予定です。


「GeForce RTX 30 シリーズ Laptop GPU」を搭載したノートPCは、エネルギー効率が2倍改善されているほか、『サイバーパンク2077』をはじめとした重量級タイトルでもレイトレーシングを可能にしたことがアピールされています。



デスクトップ向けとなる「GeForce RTX 3060」は、「GTX 1060」と比較して、ラスターパフォーマンスが2倍、レイトレーシングのパフォーマンスが10倍になったほか、最新タイトルでも60fpsでのプレイを可能としています。


また、「GeForce RTX 3060」よりResizable BAR対応となり、互換性のあるマザーボートとの組み合わせでより優れたパフォーマンスでのゲームプレイができます。2月下旬ごろより出荷され、国内での価格は49,980円から。


「GeForce RTX 3060」の仕様は以下の通り。



    13 TFLOPSのシェーダー処理性能

    25 RT-TFLOPSのレイトレーシング処理性能


    NVIDIA DLSS (ディープラーニングスーパーサンプリング)を実行する、101 Tensor-TFLOPSの処理能力


    192ビットのメモリインターフェイス


    12GBのGDDR6メモリ



※UPDATE(2021/1/13 13:20):国内発表を受け、情報を更新しました。

NVIDIA、329ドルからのデスクトップ向け「GeForce RTX 3060」、ノートPC向け「GeForce RTX 30 シリーズ Laptop GPU」など発表【UPDATE】

《Daisuke Sato@Game*Spark》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら