『スカルガールズ』のLab Zero Games、スタッフほぼ全員がレイオフ―パワハラ・セクハラ等渦中のCEO判断 | GameBusiness.jp

『スカルガールズ』のLab Zero Games、スタッフほぼ全員がレイオフ―パワハラ・セクハラ等渦中のCEO判断

「スタジオの経済事情が悪化し、給与の支払い義務を満たせなくなったためレイオフを実施しました」

企業動向 リストラ
『スカルガールズ』のLab Zero Games、スタッフほぼ全員がレイオフ―パワハラ・セクハラ等渦中のCEO判断
  • 『スカルガールズ』のLab Zero Games、スタッフほぼ全員がレイオフ―パワハラ・セクハラ等渦中のCEO判断

2D格闘『スカルガールズ』シリーズやARPG『インディヴィジブル』で知られるデベロッパーLab Zero GamesのCEO「Mike Z」ことMike Zaimont氏が、残りのスタッフをほとんど全員をレイオフ(一時解雇)したことが明らかになりました。同スタジオでシニアアニメーターを務め、8月末に自主退職したJonathan Kim氏(@personasama)が伝えています。


これは、同じく8月に自主退職していたMariel Cartwright氏(@kinucakes)のツイートに補足する形で明かされたもの。Cartwright氏は自身のイラスト本販売で得た利益を、仕事を失ったLab Zero Gamesの同僚たちのために使うと表明していました。

Zaimont氏の度重なる不祥事を受け、8月末に複数スタッフが自主的に同時退職していたLab Zero Games。Zaimont氏は「スタジオを去る」と従業員に約束していたにもかかわらずそれを反故にしたほか、スタジオ従業員に対して繰り返しパワハラ・セクハラ行為を行っていたこと、スタジオを去るにあたって非現実的な条件を提示していたこと、スタジオの全権を掌握するために役員メンバーを解任していたことなどが元スタッフの口から語られていました。

海外メディアKotakuによれば、現在Lab Zero GamesにはZaimont氏を含む11人の従業員が残っているものの、評判の低下と主力スタッフの離脱により「もうこのスタジオは終わった」という雰囲気が蔓延しているとのこと。

Zaimont氏は本件について「スタジオの経済事情が悪化し、給与の支払い義務を満たせなくなったためレイオフを実施しました」「簡単な決断ではありませんでした。経済状況が悪化している中で職を見つけるのが大変なことだと自分自身理解してはいますが、そうはいってもLab Zero Gamesは現在キャッシュよりも負債が上回っている状況です。自分は、勤勉な同僚・パートナーに給料を支払わずに働かせることはありません。現在あらゆる資金収集の手段を模索して、彼らを再び迎え入れようと努力している最中です」とKotakuに語っています。
《S. Eto@Game*Spark》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら