開発陣ミニインタビューもお届け! 『Marvel's Avengers (アベンジャーズ)』「Marvel’s Avengers War Table」で明らかになったストーリー&ゲームプレイ | GameBusiness.jp

開発陣ミニインタビューもお届け! 『Marvel's Avengers (アベンジャーズ)』「Marvel’s Avengers War Table」で明らかになったストーリー&ゲームプレイ

ライブ映像配信「Marvel’s Avengers War Table」に先駆けて、Game*Sparkはスクウェア・エニックスによるオンラインプレゼン&インタビューに参加。クリスタル・ダイナミクス担当者に、ゲームモードやプレイの詳細を訊きました。

ゲーム開発 その他
開発陣ミニインタビューもお届け! 『Marvel's Avengers (アベンジャーズ)』「Marvel’s Avengers War Table」で明らかになったストーリー&ゲームプレイ
  • 開発陣ミニインタビューもお届け! 『Marvel's Avengers (アベンジャーズ)』「Marvel’s Avengers War Table」で明らかになったストーリー&ゲームプレイ
  • 開発陣ミニインタビューもお届け! 『Marvel's Avengers (アベンジャーズ)』「Marvel’s Avengers War Table」で明らかになったストーリー&ゲームプレイ
  • 開発陣ミニインタビューもお届け! 『Marvel's Avengers (アベンジャーズ)』「Marvel’s Avengers War Table」で明らかになったストーリー&ゲームプレイ
  • 開発陣ミニインタビューもお届け! 『Marvel's Avengers (アベンジャーズ)』「Marvel’s Avengers War Table」で明らかになったストーリー&ゲームプレイ
  • 開発陣ミニインタビューもお届け! 『Marvel's Avengers (アベンジャーズ)』「Marvel’s Avengers War Table」で明らかになったストーリー&ゲームプレイ
  • 開発陣ミニインタビューもお届け! 『Marvel's Avengers (アベンジャーズ)』「Marvel’s Avengers War Table」で明らかになったストーリー&ゲームプレイ
  • 開発陣ミニインタビューもお届け! 『Marvel's Avengers (アベンジャーズ)』「Marvel’s Avengers War Table」で明らかになったストーリー&ゲームプレイ
  • 開発陣ミニインタビューもお届け! 『Marvel's Avengers (アベンジャーズ)』「Marvel’s Avengers War Table」で明らかになったストーリー&ゲームプレイ

いよいよ発売まで三ヶ月を切ったPS4/Xbox One/PC向け新作『Marvel's Avengers (アベンジャーズ)』。6月25日に開催されるライブ映像配信「Marvel’s Avengers War Table」に先駆けて、Game*Sparkはスクウェア・エニックスによるオンラインプレゼンテーション&合同インタビューに参加しました。本稿では、延期によって首を長くして待っているアメコミファンのゲーマーのために「Marvel’s Avengers War Table」で明らかになったゲーム内容、そして開発陣に聞いた同作の気になるポイントについて紹介していきます。


まず、シングルプレイについて説明していきましょう。シングルプレイのストーリーは、Marvelファンだったらおなじみのヴィラン「モードック」と、彼が率いる秘密結社「AIM」がフィーチャーされたゲームオリジナルのものです。「モードック」は他社格闘ゲームにも登場しているので、原作に触れたことがなくても存在だけは知っている、なんてゲーマーもいらっしゃることでしょう。


公開されたトレイラーでは「AIM」の陰謀により解散させられたアベンジャーズを、「ミズ・マーベル」ことカマラ・カーンが再結成させようと奮闘するストーリー冒頭部が紹介されています。物語は「ヒーローミッション」と呼ばれるシングルプレイのステージをクリアしていくことによって進行していきます。



次に紹介するのはCo-opモードでもある「ウォーゾーン」です。「ウォーゾーン」はオンラインで繋がった友人やNPCと共に攻略するメインストーリー外のミッションです。「ウォーゾーン」を周回プレイしてクリアし、ヒーローのレベルや装備を強化していけば、「ヒーローミッション」の攻略が容易にすることも可能。いわゆる「ハクスラ」や「ルーター」と呼ばれるようなゲームプレイが含まれているらしく、ゲーマーの胸を高鳴らせるやりこみ要素を期待できます。


また、戦闘/成長システムについても明らかになりました。本作では、スキルツリーを使ってヒーローを自分の好きなように育成させられ、元ネタ付きの豊富なキャラクタースキンまで用意されているそう。筆者はさすがに「コレは○○年発売の○○というシリーズに出てきたキャプテン・アメリカのあのコスチュームじゃないか!」なんて味わい方まではできないのですが、Marvel作品のコアなファンであれば、まさに垂涎もののコレクタブル要素になるのではないでしょうか。

「ウォーゾーン」を紹介していただいたあと、筆者は率直に「思っていたよりも凄そうなゲームだ」と感じました。アベンジャーズの再現度、アメコミファンへの目配せはもちろんのことですが、周回によってキャラクターを強化していくという部分が、やりごたえ重視のゲーマーたちにも深く刺さりそうです。もちろん使用するヒーローを変えれば戦闘体験はガラッと変わるでしょうから、ゲームプレイのバリエーション&ボリューム面においてもしっかり期待できます。




ここからは「ヒーローミッション」「ウォーゾーン」の紹介ののちに行われた合同インタビューをお届けします。Marvelファンのみでなくアクションやハクスラが好きなゲーマーにも刺さりそうな本作のディテールについて、クリスタル・ダイナミクスのスタッフから詳しく話していただきました。

――ストーリーについての質問です。本作を遊ぶに当って、「マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)」や原作などの知識はどれくらい求められるのでしょうか。観ておくべき映画、読んでおくべきコミックなどがあれば教えてください。


Shaun Escayg氏(クリエイティブディレクター/ライター) まず、MCU云々というよりMarvelの世界観そのもの……我々がMarvelの“Journey(旅、道のり)”と呼んでいるものについて啓蒙していきたいと考えています。特に主人公であるミズ・マーベル、カマラ・カーンを最初に世に広く知らしめる機会であるということは、強く意識しています。コミックで初登場したのは2013年ですが、ゲームで大々的に主人公として扱われるのは今作が初めてです。

結論からいうと、MCUの知識がなくても本作は楽しめます。ストーリーはコミックから影響を受けていますが、我々が作り上げたオリジナルのものです。今作においてカマラ・カーンは物語冒頭に起こる「A-Day」の影響でインヒューマン(人ならざるもの)になりました。

A-Dayとは、謎の集団が未知の技術を盗もうとした結果リアクターが爆発して、けが人が出たりインヒューマンになる人間が現れたりするようになった、大きな厄災です。その後、世間的に「A-Dayが起きた原因はアベンジャーズにある」とされ、世論はアベンジャーズに背を向けることになります。そこで現れたのがヴィランであるジョージ・タールトン、後の「モードック」です。彼は(表面的には)スーパーヒーロー的な力でなく科学の力で平和をもたらそうとしているように見えます。

――Co-opは最大4人プレイができるということですが、4人がかりで技を繰り出せるのでしょうか。また、それらの技はスキルツリーなどで強化できますか。


Vince Napoli氏(リードコンバットデザイナー)ヒーロー技には主に3つの要素があります。1つ目は「アサルト」です。通常攻撃でヒーローメーターを貯め、満タンになると使用できます。次は、「アルティメット」です。チャージの時間が長いが、効果は絶大で敵を一掃する力を持ちます。最後に紹介するのは、「サポート」。協力プレイやチームプレイ時に役に立ちます。

――つまり、基本的には2人で発動するものということですか?

Vince氏最後に紹介したヒーローサポートアビリティは、4人全員に効果があります。

――今回の映像を観て、ヒーローの装備アイテムである「ギア」にレアリティが設定されているところに興味を惹かれました。ミッションを通して報酬として与えられるギアには、性能差があったり、ミッションを周回してより強いギアを探すというような、いわゆる「ルーター」的な要素があったりもするのでしょうか?

Vince氏そうですね。ミッションや難易度調整によって、ギアのレア度やパワーレベルなども変わってきます。その中でも良いギアとされる「プライムギア」は、パラメータ的に強いだけでなく、特殊効果がいくつも付いている、なんてこともあります。やりこみ要素としてはやはり「ウォーゾーン」が重要になってきます。例えば一部のミッションの中には「金庫」が隠されていて、それを開くと座標が表示されます。座標に向かっていくと保管庫に辿り着くのですが、その中にはレアリティが高いアイテムが隠されていたりするのです。また、「AIM」は世界各地で暗躍しています。彼らに対応するミッションをこなしていくことでも、ギアを獲得できます。様々なランダム要素が用意されているので、リプレイ性は高いでしょう。

――ストーリーについての質問です。メインヴィランにタールトン(モードック)を選んだ理由、また、完全オリジナルストーリーとは言えコミックのキャラを出す上で、「Marvelらしさ」を押し出すための工夫がどのようなものだったのか、教えてください。


Shaun氏タールトンだけでなくカマラ・カーンにも関わる話ですが、ストーリー全体のインスピレーションは「Marvels」というコミックシリーズにあります。「Marvels」ではヒーローたちが「一般市民にとっては、横暴で近づきがたい恐怖の存在である」という一面が描かれます。

ヒーローのカマラ・カーン、ヴィランのモードックは表裏一体で、共通点があります。モードックは「ヒーローというのは恐れられる存在で、その力に勝てるのは科学しかない」という思想を持っています。一方カマラ・カーンは(世間的にはアベンジャーズのせいとされる)A-Dayで力を得ましたが、それでもヒーローのことを信じています。「善と悪」、「ヒーローとヴィラン」のこういった対称性は、「Marvels」から影響を受けています。

――発売を2020年5月から9月へ延期されましたが、その経緯について詳しく教えてください。また、理由とされていた「さらなるクオリティアップ」に、本作の発売を待ち望むファンは期待してもいいですか?


Scot Amos氏(スタジオヘッド)『Marvel's Avengers (アベンジャーズ)』のスケールは本当に巨大で、6人のヒーローを操り何年にもわたってプレイできるゲームであるため、慎重にならざるを得なかったのです。そんな難しい判断もあって、今回のようなブラッシュアップを決行するに至りました。皆さんをお待たせすることになってしまいましたが、最後にいただいた質問には簡単に答えられます。もちろん、期待してください!



『Marvel's Avengers (アベンジャーズ)』はPS4/Xbox One/PCを対象に9月4日発売。開発スタッフの言葉通り、めいっぱい期待して残りの二ヶ月強を過ごしましょう! また、本作は2020年ホリデーシーズンにPS5/Xbox Series X版のリリースも予定しています。
《文章書く彦@Game*Spark》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら