規制ニュースまとめ | GameBusiness.jp

規制に関するニュースまとめ一覧

規制 最新ニュース

Read more
【特集】中国未成年ゲーマーの「制限」に効果はあるのか?日本と異なるゲーム文化から考えてみる 画像
市場

【特集】中国未成年ゲーマーの「制限」に効果はあるのか?日本と異なるゲーム文化から考えてみる

中国政府は「未成年のオンラインゲーム依存防止に関する通知」を10月25日に公布。中国での影響と実際の効果は?

『幻影異聞録#FE Encore』欧米版準拠の告知不足を謝罪…予約購入者にはキャンセル対応 画像
企業動向

『幻影異聞録#FE Encore』欧米版準拠の告知不足を謝罪…予約購入者にはキャンセル対応

任天堂は、『幻影異聞録#FE Encore』が欧米版である『Tokyo Mirage Sessions #FE』がベースになることを事前に周知できていなかったとして謝罪し、既に予約購入していたユーザーにはキャンセルを受け付けることを発表しました。

販売停止になった台湾ホラー『還願』開発元が現状報告―しばらくは再販予定無し 画像
ゲーム開発

販売停止になった台湾ホラー『還願』開発元が現状報告―しばらくは再販予定無し

「中国への政治的批判」とされるアセットが見つかったとして販売が停止されている台湾産ホラーゲーム『還願(Devotion)』ですが、当面の再販予定はなし。ただし、信頼回復できれば再販も考えたいとのこと。

『モータルコンバット』実写映画新作は「R指定」に―脚本家が明かす 画像
文化

『モータルコンバット』実写映画新作は「R指定」に―脚本家が明かす

現地時間2021年3月5日に公開予定となっている実写映画版の『Mortal Kombat(モータルコンバット)』ですが、脚本家を務めるGreg Russo氏は本作が“R指定”となることを明らかにしました。

ヨルダンで『PUBG』が禁止に…『フォートナイト』なども対象にあがるー市民の苦情や“ゲーム障害”への影響を考慮 画像
産業政策

ヨルダンで『PUBG』が禁止に…『フォートナイト』なども対象にあがるー市民の苦情や“ゲーム障害”への影響を考慮

インドやイラクなどに続きヨルダンでも『PUBG』が禁止に。多くの市民や関係当局からの声に加え、WHOの“ゲーム障害”に関する研究も影響したようです。

倒した相手が挨拶?中国版『PUBG Mobile』が『Game for Peace』へと変更、表現規制更新も実施 画像
ゲーム開発

倒した相手が挨拶?中国版『PUBG Mobile』が『Game for Peace』へと変更、表現規制更新も実施

バトルロイヤルシューター『PLAYERUNKNOWN'S BATTLEGROUNDS』のモバイル向け『PUBG Mobile』の中国語版に大きな変化が起こったことが海外メディアにて報じられました。

SIE広報、報じられた性表現規制のルール導入を否定―役員が確認するケースも 画像
ゲーム開発

SIE広報、報じられた性表現規制のルール導入を否定―役員が確認するケースも

先日、複数のメディアより報じられたPS4向けゲームの性表現について、ソニー・インタラクティブエンタテインメント(SIE)の広報担当者は否定しました。

『PUBG』ネパールで禁止撤回の動き―「表現の自由」制限必要な内容でないと判断 画像
産業政策

『PUBG』ネパールで禁止撤回の動き―「表現の自由」制限必要な内容でないと判断

先日、青少年に及ぼす悪影響などを理由として『PLAYERUNKNOWN'S BATTLEGROUNDS』がネパールで禁止処分となったことをお伝えしましたが、これに関連した新たな動きが報じられました。

中国ゲーム審査のプロセスが変更に―死体や血溜まりへの表現規制も明示化 画像
産業政策

中国ゲーム審査のプロセスが変更に―死体や血溜まりへの表現規制も明示化

海外アナリスト企業Niko Partnersは、中国にて先日実施された、新たなゲーム審査機関State Administration of Press and Publicationsの会議において、中国ゲーム審査のプロセスの一部変更と、表現規制内容の明示化が行われたことを発表しました。

ネパールで青少年に悪影響を与えるとして『PUBG』が禁止に 画像
文化

ネパールで青少年に悪影響を与えるとして『PUBG』が禁止に

先日、インドの一部地域で『PUBG Mobile』のプレイが禁止されたことをお伝えしましたが、それに続きネパールでも『PUBG』 が禁止されたことがロイターほか複数の海外メディアより報じられました。

『レインボーシックス シージ』ゲーム内表現修正を取り止め―コミュニティでの懸念受け 画像
ゲーム開発

『レインボーシックス シージ』ゲーム内表現修正を取り止め―コミュニティでの懸念受け

ユービーアイソフトは先日、人気対戦タクティカルシューター『レインボーシックス シージ』にて発表されたアジア圏での展開拡大を目的とした各種ゲーム内表現修正の予定を廃止したと海外向けに発表しました。

中国が新規ゲーム審査を完全に停止か―ブルームバーグ報ずる 画像
市場

中国が新規ゲーム審査を完全に停止か―ブルームバーグ報ずる

ブルームバーグは、2018年に入ってから続く中国での新規ゲーム審査凍結について、同国内で暫定的に行われていた認可プロセスが終了し、全ての新規審査手段が無くなったと報じています。

中国政府のゲーム販売凍結措置、理由は「子供の目を保護」か―国家主席による指示と政府発表 画像
産業政策

中国政府のゲーム販売凍結措置、理由は「子供の目を保護」か―国家主席による指示と政府発表

先日、中華人民共和国におけるゲームの販売規制が公となり、その一環によるものと思われる措置によりカプコンのPC版『モンスターハンター:ワールド』がWeGameでの販売停止と言う事態になりましたが、この規制の狙いが明らかとなってきました。

ドイツでゲーム内の「ナチス表現」に規制緩和…今後はケースバイケースでの審査に 画像
ゲーム開発

ドイツでゲーム内の「ナチス表現」に規制緩和…今後はケースバイケースでの審査に

複数の海外メディアより、ドイツのビデオゲームにおけるナチスに関する表現が緩和される可能性が報道されています。

オーストラリアにて表現規制緩和法案が提出―薬物描写などでの発売禁止の低減なるか 画像
産業政策

オーストラリアにて表現規制緩和法案が提出―薬物描写などでの発売禁止の低減なるか

先日はGearboxの『We Happy Few』が一時販売禁止となるなど、多くのビデオゲームの表現規制を行っているオーストラリア。同国にて、その表現規制を緩和するための法案が提出されています。

テンセント、『フォートナイト』中国向け提供を正式発表ー約16億円を投じて違法コピー規制、e-Sports展開を目指す 画像
企業動向

テンセント、『フォートナイト』中国向け提供を正式発表ー約16億円を投じて違法コピー規制、e-Sports展開を目指す

海外メディアの報道より、テンセントが『フォートナイト』の中国向け展開を改めて正式に発表し、日本円にして約16億円におよぶ巨額な資金を投入しながら、ゲーム運営とe-Sportsシーンに展開していく予定であることが明らかになりました。

NPO団体がホワイトハウスの「暴力ゲーム映像」に対抗…「ゲームの美しさ」を同じ再生時間で映し出す 画像
産業政策

NPO団体がホワイトハウスの「暴力ゲーム映像」に対抗…「ゲームの美しさ」を同じ再生時間で映し出す

非営利団体Games for Changeより、米国のトランプ大統領が提示した「暴力的ゲーム映像デモ」に異論を唱えるコンピレーション動画が公開されました。

「これは暴力的ではないですか?」米政府/ゲーム業界/規制派の会談が実施―議論の結末は 画像
産業政策

「これは暴力的ではないですか?」米政府/ゲーム業界/規制派の会談が実施―議論の結末は

先日より報道されていた、パークランドの銃乱射事件を受けての、米トランプ大統領とゲームメーカーらのゲームの暴力表現についての会談が実施されました。

米ロードアイランド州議員が暴力的なゲームの販売に特別税を追加する法案を検討ー海外報道 画像
産業政策

米ロードアイランド州議員が暴力的なゲームの販売に特別税を追加する法案を検討ー海外報道

アメリカのロードアイランド州議員が、同州で売られている一部ゲームの販売に対して、特別税を追加する法案を計画していることが海外メディアから報じられています。

ハワイでルートボックス規制法案が提出―未成年へのゲーム本体販売禁止、確率開示 画像
産業政策

ハワイでルートボックス規制法案が提出―未成年へのゲーム本体販売禁止、確率開示

各国で規制の動きが進む、ゲーム内課金“ルートボックス”。2017年末に、法律の制定のための調査を開始していたアメリカ・ハワイ州ですが、法律の提出が実際に行われました。

  • 38件中 1 - 20 件を表示
  • 次へ