20年以上のキャリアを持ち『メタルギア』シリーズにも携わったベテランがコジプロのマーケティング・コミュニケーションヘッドに就任 | GameBusiness.jp

20年以上のキャリアを持ち『メタルギア』シリーズにも携わったベテランがコジプロのマーケティング・コミュニケーションヘッドに就任

20年以上の業界キャリアを持ち、過去には『メタルギア』シリーズにも携わったJay Boor氏がコジマプロダクションに加入しました。

企業動向 人事
20年以上のキャリアを持ち『メタルギア』シリーズにも携わったベテランがコジプロのマーケティング・コミュニケーションヘッドに就任
  • 20年以上のキャリアを持ち『メタルギア』シリーズにも携わったベテランがコジプロのマーケティング・コミュニケーションヘッドに就任
  • 20年以上のキャリアを持ち『メタルギア』シリーズにも携わったベテランがコジプロのマーケティング・コミュニケーションヘッドに就任

コジマプロダクションは、同社のマーケティングおよびコミュニケーショングローバルヘッドにJay Boor氏が就任したことを発表しました。

Boor氏はゲーム業界で20年以上のキャリアを持っており、Riot Gamesやセガ、2K Gamesのほか、コナミにも在籍していたとのこと。過去には『アーマード・コア4』や『サイレントヒル』シリーズなどで広報を担当し、さらには『メタルギアソリッド ピースウォーカー』をはじめとした『メタルギア』シリーズ計5作品に携わっています。

同氏は今後、コジマプロダクションの製品ポートフォリオのマーケティングとコミュニケーションの主要な取り組みを担当し、スタジオのグローバルな存在感を高める戦略的な役割を担当するとのことです。

今回の就任に対し小島秀夫監督は、このエキサイティングな時期にチームに加わってくれて嬉しいと語り、さらに同氏を「彼は創造性があって、ゲームに情熱を傾けており、独立ゲームスタジオとしてコジマプロダクションのために計画されたビジョンの実現に力となってくれるでしょう。」と評価しています。

一方Boor氏は「伝説のゲームクリエーター小島秀夫氏と、信じられないほど才能のあるコジマプロダクションのチームと一緒に仕事をするのは、本当に素晴らしい気分です。」と心境をコメント。ゲームデザインに対する小島監督のアプローチは業界で一緒に働いたことのある誰とも違うとし、「彼が作り出すゲーム体験はジャンルを定義するだけでなく思考を刺激するものであり、ストーリーの境界を押し広げて、コジマプロダクションの認知度をきちんとしたユニークな方法で高めることができるのを楽しみにしている。」と意気込みを語っています。
《TAKAJO@Game*Spark》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら