「ローグ・ワン」の原案者ゲイリー・ウィッタ氏が『CONTROL』の映画化を希望、開発元と話し合いへ | GameBusiness.jp

「ローグ・ワン」の原案者ゲイリー・ウィッタ氏が『CONTROL』の映画化を希望、開発元と話し合いへ

映画の脚本やゲームの製作を手掛けるアメリカのGary Whitta氏は1月21日、Remedy Entertainment開発のアクションアドベンチャー『CONTROL』を映画化したいことをTwitterで明かし、これに開発元が反応しました。

その他 その他
「ローグ・ワン」の原案者ゲイリー・ウィッタ氏が『CONTROL』の映画化を希望、開発元と話し合いへ
  • 「ローグ・ワン」の原案者ゲイリー・ウィッタ氏が『CONTROL』の映画化を希望、開発元と話し合いへ
  • 「ローグ・ワン」の原案者ゲイリー・ウィッタ氏が『CONTROL』の映画化を希望、開発元と話し合いへ
PC/PS4/海外XB1『CONTROL』―PC版の日本語実装は1月30日を予定

映画の脚本やゲームの製作を手掛けるアメリカのゲイリー・ウィッタ氏は1月21日、Remedy Entertainment開発のアクションアドベンチャー『CONTROL』を映画化したいことをTwitterで明かし、これに開発元が反応しました。



同氏のTwitter上でのやりとりにおいて、ユーザーが「最も良い映画が作れると思うビデオゲームは何ですか?また、その脚本を書いてもらえますか?」と質問。これにゲイリー・ウィッタ氏は「『CONTROL』とイエス」と返答したところ、開発元であるRemedyでコミュニケーションディレクターを担当するトーマス・プハ氏が「話しましょう」と反応。以後はダイレクトメッセージでのやりとりに移行した模様です。

ゲイリー・ウィッタ氏はこれまで、映画「ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー」の原案や、デンゼル・ワシントン主演の「ザ・ウォーカー(The Book of Eli)」、ウィル・スミス親子主演の「アフター・アース(After Earth)」の脚本を手掛け、ゲームでは『Halo 5: Guardians』、『The Walking Dead』などの製作に参加しています。
《technocchi@Game*Spark》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら