『CS:GO』ガチャ箱用有料鍵のトレード・マーケット出品が不可に―犯罪組織のマネーロンダリング対策 | GameBusiness.jp

『CS:GO』ガチャ箱用有料鍵のトレード・マーケット出品が不可に―犯罪組織のマネーロンダリング対策

『CS:GO』の有料鍵が新規発行分からトレード・販売不可に。世界的詐欺グループによる違法利益精算に利用されたため。

市場 デジタル流通
『CS:GO』ガチャ箱用有料鍵のトレード・マーケット出品が不可に―犯罪組織のマネーロンダリング対策
  • 『CS:GO』ガチャ箱用有料鍵のトレード・マーケット出品が不可に―犯罪組織のマネーロンダリング対策
  • 『CS:GO』ガチャ箱用有料鍵のトレード・マーケット出品が不可に―犯罪組織のマネーロンダリング対策

Valveは対戦FPS『Counter-Strike: Global OffensiveCS:GO)』の最新アップデートにおいて、各種ケース(ルートボックス/ガチャ)を開けるために使用される有料鍵のトレードおよびコミュニティマーケット出品を不可に変更しました。

コミュニティの間では一種の通貨としてスキンの取引などに利用されていた鍵。公式ブログの報告では、最近世界的な詐欺組織が利益精算のために有料鍵を利用(※)するようになったことを理由として挙げています。

(※)盗難クレジットカードで鍵を購入し、リアルマネーで販売するといったマネーロンダリング行為。クレジットカード所有者が気づきValveが購入を取り消しても、犯人の手元にはお金が残る。


Valveは、これまで鍵のトレードは主に正当な顧客間で行われていたものの、現在のトレードやマーケットプレイスへの出品に使われる鍵の購入の殆どは詐欺によるものになってしまったし、その対策として今回の変更を決めたと説明しています。

Valveは「残念なことにこの変更は一部の正規ユーザーに影響を与えるかもしれません。しかし詐欺との戦いはSteamにおける当社の優先事項です」と締めくくりました。なお、トレードおよびマーケット出品不可はアップデート以降に購入した鍵に適用され、既存の鍵は影響を受けないとのことです。
《RIKUSYO@Game*Spark》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら