コーエーテクモとカプコンの特許侵害訴訟に判決下る─カプコン側の主張が一部認められ、支払額は約1億4千万円に | GameBusiness.jp

コーエーテクモとカプコンの特許侵害訴訟に判決下る─カプコン側の主張が一部認められ、支払額は約1億4千万円に

カプコンが保有する2件の特許権を侵害しているとして、コーエーテクモゲームス(以下、コーエーテクモ)に提訴した特許侵害訴訟について、このたび両社が判決に関する報告を行いました。

文化 その他
カプコンが保有する2件の特許権を侵害しているとして、コーエーテクモゲームス(以下、コーエーテクモ)に対して起こした特許侵害訴訟について、このたび両社が判決に関する報告を行いました。

この訴訟は、コーエーテクモの『真・三國無双』シリーズと『戦国無双』シリーズが特許第3350773号(以下、A特許)を、『零』シリーズが第3295771号(以下、特許B)を侵害してしているとカプコン側が主張し、2014年7月4日に提訴。9億8,323万1,115円の損害賠償等を請求したものです。

そして本日9月11日に、本訴訟に関する報告を両社がそれぞれ実施。コーエーテクモ側は、「知的財産高等裁判所第3部(裁判長:鶴岡稔彦判事)が、A特許に関して当社の主張を一部認め、当社製品の一部を非侵害と判断しました」「一方で、非侵害と判断されなかった残余の当社製品については、損害賠償請求額の一部にあたる1億4384万3710円の支払を当社に命じる判決を言い渡しました」と判決内容を明らかとしました。

コーエーテクモは、自社製品の一部が非侵害と判断された点については「主張した正当性が裁判所に認められた」と述べ、主張が認められなかった点については、「甚だ遺憾」「判決内容を十分に精査し、今後の対応を検討」といったコメントを残しています。

対するカプコン側も、訴訟の判決内容を公開し、「特許権侵害訴訟について、当社勝訴判決を得ました」「今回の判決により、当社特許の侵害が知的財産高等裁判所により確認されたことになり、司法の良識ある判断が示されたものと考えております」と報告。本訴訟の第一審における支払額(第一審では、A特許に関する請求は棄却され、B特許に関する請求となる517万円の支払いをコーエーテクモ側に命じた)と比べると、今回の判決は支払額が大きく伸びる結果となりました。

なお、A特許、B特許ともに存続期間が満了しているため、権利は既に消滅しています。

■特許権侵害訴訟における当社勝訴判決のお知らせ(カプコン)
http://www.capcom.co.jp/ir/news/html/190911.html

■特許侵害訴訟(控訴審)一部勝訴判決に関するお知らせ(コーエーテクモゲームス)※pdf
https://www.koeitecmo.co.jp/news/docs/news_20190911.pdf
《臥待 弦@インサイド》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら