コーエーテクモゲームスニュースまとめ | GameBusiness.jp

コーエーテクモゲームスに関するニュースまとめ一覧

コーエーテクモゲームス 最新ニュース

Read more
「ガストブランドの集大成とも言える作品」―『BLUE REFLECTION TIE/帝』細井総合P&土屋開発Pが語る制作秘話 画像
ゲーム開発

「ガストブランドの集大成とも言える作品」―『BLUE REFLECTION TIE/帝』細井総合P&土屋開発Pが語る制作秘話

デートを実装するうえでの苦労話や、誰もが経験した「あの頃」を具現化するためのお話を伺いました。

攻城戦の原型は「8」にあったー戦闘システムが大変革を遂げた『真・三國無双8 Empires』鈴木GPインタビュー 画像
ゲーム開発

攻城戦の原型は「8」にあったー戦闘システムが大変革を遂げた『真・三國無双8 Empires』鈴木GPインタビュー

新バトルシステム「攻城戦」の制作秘話から、鈴木GPの次世代機の手触りまで、お話を伺いました。

『Bloodborne』プロデューサー山際眞晃氏が『仁王』や『NINJA GAIDEN』のTeam NINJAに合流! 画像
企業動向

『Bloodborne』プロデューサー山際眞晃氏が『仁王』や『NINJA GAIDEN』のTeam NINJAに合流!

どのような作品を生み出してくれるのか期待しましょう。

『信長の野望』AIで武将たちが躍動する「新生」、従来作からゲーム性はどう変わる? 小笠原 賢一Pインタビュー【TGS2021】 画像
ゲーム開発

『信長の野望』AIで武将たちが躍動する「新生」、従来作からゲーム性はどう変わる? 小笠原 賢一Pインタビュー【TGS2021】

AIや武将同士の関係性など、『信長の野望・新生』で気になる点をプロデューサー小笠原 賢一氏にお聞きしました!

Steam版『仁王』『仁王2』Epic Games Store版とのクロスプレイ実装―「仁王」シリーズの世界累計出荷本数は600万本突破 画像
ゲーム開発

Steam版『仁王』『仁王2』Epic Games Store版とのクロスプレイ実装―「仁王」シリーズの世界累計出荷本数は600万本突破

Epic Games Storeでは、本編に有料ダウンロードコンテンツをすべて収録した『仁王 Complete Edidtion』の無料配信が期間限定で行われています。

『ライザのアトリエ』シリーズの世界累計出荷本数が100万本を突破!記念イラスト公開やプレゼントキャンペーン等も実施 画像
市場

『ライザのアトリエ』シリーズの世界累計出荷本数が100万本を突破!記念イラスト公開やプレゼントキャンペーン等も実施

『ライザのアトリエ』シリーズ2作品の世界累計出荷本数が合計100万本を突破!トリダモノさん描き下ろしイラストが公開されたほか、様々なキャンペーンも開催予定です。

『DEAD OR ALIVE』シリーズの衣服削除改造版の映像販売で1名が書類送検―刑事・民事共に訴訟へ 画像
その他

『DEAD OR ALIVE』シリーズの衣服削除改造版の映像販売で1名が書類送検―刑事・民事共に訴訟へ

コーエーテクモゲームスは本件を特に悪質な行為であると判断し、著作権侵害に基づく損害賠償を求めて民事訴訟を提起する予定としています。

『ライザのアトリエ2』初回出荷本数が15万本突破!―ライザとクラウディアの記念イラストも公開 画像
市場

『ライザのアトリエ2』初回出荷本数が15万本突破!―ライザとクラウディアの記念イラストも公開

前作以上の勢いだそうです!

『ライザのアトリエ』全世界累計出荷数50万本突破! シリーズ最高記録をさらに伸ばす 画像
市場

『ライザのアトリエ』全世界累計出荷数50万本突破! シリーズ最高記録をさらに伸ばす

キャラクターデザイン担当・トリダモノ氏による記念イラストも公開されました。

『ライザのアトリエ』世界累計出荷42万本を突破!『アトリエ』シリーズ最高記録 画像
市場

『ライザのアトリエ』世界累計出荷42万本を突破!『アトリエ』シリーズ最高記録

「等身大の少年少女のほんのちょっとの成長」がコンセプトの『アトリエ』新シリーズ1作目となる作品です。

密着・安田文彦―『仁王2』完成までの軌跡と『Bloodborne』山際眞晃対談 画像
ゲーム開発

密着・安田文彦―『仁王2』完成までの軌跡と『Bloodborne』山際眞晃対談

クリエイターの悩み、それぞれが持つ仕事の関係性、『Bloodborne』山際氏との対談──。等身大の姿を映し出そうとするインタビュー現場の様子を、ライターの視点でお届けします。

『仁王2』は“織豊時代”を舞台に、主人公と藤吉郎が戦国の世を駆け抜け「秀吉」となる! 安田文彦氏直撃インタビュー【TGS2019】 画像
その他

『仁王2』は“織豊時代”を舞台に、主人公と藤吉郎が戦国の世を駆け抜け「秀吉」となる! 安田文彦氏直撃インタビュー【TGS2019】

発売時期も決定し、ユーザーの関心が更に集まっている『仁王2』。「TGS 2019」ではプレイアブル出展も行われ、大盛況となりました。そんな話題作に詳しく迫るべく、プロデューサー兼ディレクターの安田文彦氏を直撃。気になる話の数々、ご覧ください。

AIとの戦略の読み合いを楽しんでほしい―プレイデータ収集版の配信日も決まった『三國志14』越後谷プロデューサーインタビュー【TGS2019】 画像
その他

AIとの戦略の読み合いを楽しんでほしい―プレイデータ収集版の配信日も決まった『三國志14』越後谷プロデューサーインタビュー【TGS2019】

シリーズ35周年の2020年1月16日に発売が決定した『三國志14』。プレイデータ収集版の配信日が10月11日(金)に決まり、期待値も高まっているのではないでしょうか。本稿では越後谷 和広プロデューサーに本作の魅力や開発状況などを語っていただきました。

コーエーテクモとカプコンの特許侵害訴訟に判決下る─カプコン側の主張が一部認められ、支払額は約1億4千万円に 画像
文化

コーエーテクモとカプコンの特許侵害訴訟に判決下る─カプコン側の主張が一部認められ、支払額は約1億4千万円に

カプコンが保有する2件の特許権を侵害しているとして、コーエーテクモゲームス(以下、コーエーテクモ)に提訴した特許侵害訴訟について、このたび両社が判決に関する報告を行いました。

コーエーテクモホールディングス、2019年3月期は過去最高の業績に―『DOA6』売上は35万本以上 画像
企業動向

コーエーテクモホールディングス、2019年3月期は過去最高の業績に―『DOA6』売上は35万本以上

コーエーテクモホールディングスは、2019年3月期の決算概要を公開しました。

『DEAD OR ALIVE 6』DOAクエストからメガネの挙動まで―新堀P兼Dに気になることを直撃! 画像
ゲーム開発

『DEAD OR ALIVE 6』DOAクエストからメガネの挙動まで―新堀P兼Dに気になることを直撃!

発売直前となりました、『DEAD OR ALIVE 6』シリーズの歴史に新たな1ページを記すことになる今作、プロデューサー兼ディレクターの新堀洋平氏にインタビューを実施。気になる部分や嬉しいエピソードも飛び出したインタビューの模様をお届けしていきます!

うまくなりたいと思えば初心者卒業!? TGS会場で『DOA6』新堀プロデューサーを直撃【TGS2018】 画像
その他

うまくなりたいと思えば初心者卒業!? TGS会場で『DOA6』新堀プロデューサーを直撃【TGS2018】

「東京ゲームショウ 2018」で、PlayStation 4/Xbox One/PC用の対戦格闘ゲーム『デッド オア アライブ 6』が国内初のプレイアブル出展されています。その手ごたえは? 株式会社コーエーテクモゲームスの新堀洋平プロデューサーにお話をうかがいました。

カプコンがコーエーテクモとの特許をめぐる裁判に勝訴―争点となった特許とは 画像
その他

カプコンがコーエーテクモとの特許をめぐる裁判に勝訴―争点となった特許とは

カプコンは、コーエーテクモゲームスが提訴した特許をめぐる裁判に勝訴したと発表しました。

コーエーテクモ、カプコンに対して附帯控訴を提起―「特許侵害の事実が認められないとの判断を求め、対応してゆく」 画像
その他

コーエーテクモ、カプコンに対して附帯控訴を提起―「特許侵害の事実が認められないとの判断を求め、対応してゆく」

コーエーテクモゲームスはカプコンとの訴訟問題にて、カプコン側の控訴に対し附帯控訴を提起したと発表しました。

カプコン、コーエーテクモから提訴されていた審決取消訴訟に勝訴 画像
企業動向

カプコン、コーエーテクモから提訴されていた審決取消訴訟に勝訴

カプコンは、コーエーテクモゲームスより提訴されていた審決取消訴訟について、コーエーテクモの請求を棄却する勝訴判決を受けたと発表しました。

  • 27件中 1 - 20 件を表示
  • 次へ