2020年末サービス終了の「Flash」をエミュレートする「Ruffle」プロジェクトが進行中 | GameBusiness.jp

2020年末サービス終了の「Flash」をエミュレートする「Ruffle」プロジェクトが進行中

『ホームランダービー』の延長戦へ……。

ゲーム開発 ミドルウェア
2020年末サービス終了の「Flash」をエミュレートする「Ruffle」プロジェクトが進行中
  • 2020年末サービス終了の「Flash」をエミュレートする「Ruffle」プロジェクトが進行中
  • 2020年末サービス終了の「Flash」をエミュレートする「Ruffle」プロジェクトが進行中
  • 2020年末サービス終了の「Flash」をエミュレートする「Ruffle」プロジェクトが進行中

2020年末にアドビシステムズがサポートを終了する「Flash」ですが、サービス終了後も「Flashゲーム」をプレイ可能にするデスクトップ/Web向けエミュレータの開発プロジェクトが進行中です。

NewGroundsに投稿されたポストによれば、Mike Welsh氏は「Flash」をエミュレートできるプログラム「Ruffle」を開発中。オープンソースのブラウザ拡張機能としてページ内の「Flash」を検知し、プレイ可能にすることもできるとしています。また、スマートフォンなどのモバイル機器向けの開発も進めているとのことです。


Ruffle.rsではデモバージョンを公開中。ゲームの一時代を築き上げた「Flash」。2020年12月に配信が終了する「Yahoo!きっずゲーム」の『くまのプーさんのホームランダービー!』など、現在も愛される人気作品の延長戦を楽しむことができるかもしれません。
《杉元悠@Game*Spark》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら