ファン参加型次世代エンタメスペース『SPWN』オープン―あらゆる空間をバーチャルアーティストのライブステージに | GameBusiness.jp

ファン参加型次世代エンタメスペース『SPWN』オープン―あらゆる空間をバーチャルアーティストのライブステージに

リアルとバーチャルの融合で新たな体験を創造するxR Techカンパニーであるバルスは、新たな3D空間上のxRエンターテイメントスペース『SPWN(スポーン)』を本日2月15日にオープンしました。

文化 その他
ファン参加型次世代エンタメスペース『SPWN』オープン―あらゆる空間をバーチャルアーティストのライブステージに
  • ファン参加型次世代エンタメスペース『SPWN』オープン―あらゆる空間をバーチャルアーティストのライブステージに
  • ファン参加型次世代エンタメスペース『SPWN』オープン―あらゆる空間をバーチャルアーティストのライブステージに

リアルとバーチャルの融合で新たな体験を創造するxR Techカンパニーであるバルスは、新たな3D空間上のxRエンターテイメントスペース『SPWN(スポーン)』を本日2月15日にオープンしました。

『SPWN』は、次世代のライブエンターテイメント技術により存在する3D空間です。ライブハウスをはじめとする、映画館、劇場、イベントスペースなど、あらゆるスペースをVtuberやバーチャルアーティストのライブステージにします。また、WEBアプリとの連動により、アーティストとファンが一緒に作っていく参加型ライブの体験も可能です。

『SPWN』は池袋HUMAXシネマズから順次拡大を予定しており、全国のスペースからも合わせて展開場所の募集が開始。バルスはこの『SPWN』について、「イベント企画から、ライブ演出までトータルプロデュースするバルスが、秋葉原の自社xRスタジオのモーションキャプチャー技術と、インタラクティブ配信システムにより、オーディエンスとアーティストのこれまでにない一体感を実現します。SPWNの展開を拡大していくことで、世界中に次世代のxRエンターテイメントの熱狂を届けていきます」とコメントしています。

◆OPEN xR WORLD.『SPWN(スポーン)』コンセプト


その空間は、突然あらわれる。
その空間は、突然つくりだす。
新たな熱狂を、この世界のどこへでも。
スペースの名称である『SPWN(スポーン)』は、ゲームなどで使われる用語「SPAWN」の”生まれる”、”出てくる”、または”発生地点”を意味します。あらゆるスペースで展開可能なxR空間のイメージを表しています。
http://spwn.jp



◆イベントスケジュール(会場:池袋HUMAXシネマズ)


■UNiON WAVE Supported by SPWN 3月16日

・OPEN / START 20:00
・出演:YuNi / YUC'e / ヒゲドライバー
・チケット:2月17日発売

■TUBEOUT! SESSIONS 3月23日

・OPEN 19:30 / START 20:00
・MC:コーサカ(MonsterZ MATE)
・GUEST:朝ノ瑠璃 / ときのそら / 星乃めあ
・チケット:2月17日発売

■TUBEOUT! vol.2 4月6日

・OPEN / START 未定、
・出演:Alt!!、銀河アリス、まりなす(仮)
・チケット:近日発売

■#神降臨 ~ポンコツ神様が1周年イベントを始めてしまったようです~4月27日

・OPEN 19:00 / START 19:30
・チケット:2月17日発売

※xR TECH(エックスアールテック)とは※
AR(拡張現実)、VR(仮想現実)、MR(複合現実)、SR(代替現実)などをはじめとする先端技術の総称を指す

◆バルス株式会社について


3DCGを活用したVR・ARなどのxRコンテンツの企画から制作・運営までを一貫して自社単独で提供しています。オリジナルのアニメ・ゲーム・VTuberやバーチャルアーティスト等の企画立案およびプロデュースや、xRライブの企画・モーションキャプチャー・ライブ製作まで幅広い知見でクライアントのニーズに対応することに強みを持っています。



Copyright © 2019 Balus Co.,Ltd. All rights reserved.
《茶っプリン@インサイド》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら