THQ Nordic、『Kingdom Come: Deliverance』の開発元Warhorse Studiosの買収を発表 | GameBusiness.jp

THQ Nordic、『Kingdom Come: Deliverance』の開発元Warhorse Studiosの買収を発表

THQ NordicとKoch Mediaは、『Kingdom Come: Deliverance』の開発元Warhorse Studiosを買収したと発表しました。

企業動向 発表

THQ NordicとKoch Mediaは、『Kingdom Come: Deliverance』の開発元Warhorse Studiosを買収したと発表しました。また、同作が200万本を売り上げたことも明らかにしています。

以下、Koch Mediaの発表より。

THQ Nordicの間接所有子会社Koch Mediaは本日、受賞歴のある作品『Kingdom Come: Deliverance』を開発し、プラハを拠点とするゲーム開発会社Warhorse Studiosを買収する契約を締結しました。

2月13日は本作の発売1周年を迎えるだけでなく、ゲームの新しい販売実績も達成します。WarhorseとKoch Mediaは、この作品がこれまですべてのプラットフォームを通して200万本以上の売上が達成したことを発表でき、誇りに思います。これと共に、本作は世界中の30以上のメディアアワードやショーアワード、セールスアワードを受賞してきました。

開発元とすべての知的財産権を含む今回の買収は、Warhorse StudiosとKoch Mediaが協力して達成した業績の結果です。

『Kingdom Come: Deliverance』はPC/海外PS4/Xbox One向けに2018年2月13日に発売されたオープンワールドで展開するアクションRPGです。先週にはDLCの第3弾が発売。今年春には国内向けにPC(DMM GAME PLAYER)/PS4版の発売が予定されています。
《technocchi@Game*Spark》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら