『HL2』『Portal』『L4D』に携わったライターErik Wolpaw氏がValveに復帰 | GameBusiness.jp

『HL2』『Portal』『L4D』に携わったライターErik Wolpaw氏がValveに復帰

『Half-Life 2: Episode One』、『Half-Life 2: Episode Two』、『Portal』シリーズ、『Left 4 Dead』などに携わったライターとして知られ、2017年にValveを退社したErik Wolpaw氏が、再び復帰したとの情報がいくつかの海外メディアにて報じられました。

企業動向 人事

『Half-Life 2: Episode One』、『Half-Life 2: Episode Two』、『Portal』シリーズ、『Left 4 Dead』などに携わったライターとして知られ、2017年にValveを退社したErik Wolpaw氏が、再び復帰したとの情報がいくつかの海外メディアにて報じられました。

PolygonによればWolpaw氏はフルタイムの従業員ではないものの、必要に応じてJay Pinkerton氏、Steve Jaros氏、Sean Vanaman氏ら他のライターと協力し、契約の範囲内でValveを支援しているとのことです。

2018年11月にリリースされたValve新作カードゲーム『Artifact』のクレジットにもErik Wolpaw氏の名が記載

昨年3月には再び自社ゲームを出荷していく方針を明らかにしていたValve。Erik Wolpaw氏の復帰は今後の展開にどう影響を与えていくのでしょうか。人気シリーズ作品の“3”を数えられるようになることを期待するファンも多いかもしれません。
《RIKUSYO@Game*Spark》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら