タニタが「ツインスティック」の増産を目指すクラウドファンディングを12月21日正午よりスタート | GameBusiness.jp

タニタが「ツインスティック」の増産を目指すクラウドファンディングを12月21日正午よりスタート

タニタはセガゲームスのPS4用ゲームソフト、『電脳戦機バーチャロン』シリーズに対応するコントローラー、「XVCD-18-b18式コントロールデバイス『ツインスティック』」の増産を目指す「クラウドファンディングプロジェクト」を12月21日正午より開始します。

マネタイズ クラウドファンディング
■「XVCD-18-b 18式コントロールデバイス『ツインスティック』」
完成イメージ(画像は前回プロジェクトのものです)

タニタはセガゲームスのPS4用ゲームソフト、『電脳戦機バーチャロン』シリーズに対応するコントローラー、「XVCD-18-b18式コントロールデバイス『ツインスティック』」の増産を目指す「クラウドファンディングプロジェクト」を12月21日正午より開始します。

以下、リリースより引用

◆バーチャロン専用コントローラー「ツインスティック」増産を目指すクラウドファンディングとは


タニタではツインスティックの商品化を目指すCFプロジェクトを10月18日から実施し、スタートから11時間26分でプロジェクト目標を達成しました。一方で、1000台の限定生産プロジェクトだったことから、多くのバーチャロンファンから増産を求める声が寄せられていました。

今回の増産CFプロジェクトはこれに応えるもので、CFプラットフォームは前回と同様に株式会社CAMPFIRE(東京都渋谷区渋谷2-22-3、社長・家入一真)が提供する「キャンプファイヤー」( https://camp-fire.jp/projects/view/115586)を使用し、締め切りは2019年1月30日午後11時59分まで。

商品自体がリターンとなる購入型のCFで、目標金額は支援金額1口4万4600円(税込)で合計1000口、計4460万円を目指します。これは、前回のCFプロジェクトと同額の設定となりますが、今回は生産台数の制限はありません。

CFが成立した場合、リターンとなる本商品の発送は、2020年3月頃を予定しています。 「ツインスティック」商品化プロジェクトは、アミューズメントゲームのジョイスティックやボタンの製造・販売を手がける三和電子株式会社(東京都板橋区中丸町49-6、社長・加藤良太)と、金属加工を手掛ける株式会社トラスティ―(東京都板橋区前野町6-17-10、社長・徳山広高)の全面協力のもと、「一生もののツインスティック」の商品化を目指す試みです。

本プロジェクトに合わせ、セガゲームスがバーチャロンシリーズの『電脳戦機バーチャロン』『電脳戦機バーチャロン オラトリオ・タングラム ver.5.66』『電脳戦機バーチャロン フォース』の3作品をPlayStation(R)4用ダウンロードソフトとして発売し、本商品に対応することを発表しています。

※1“PlayStation”は株式会社ソニー・インタラクティブエンタテインメントの登録商標または商標です。

※本資料に記載されている情報は発表日現在のものです。このため、時間の経過あるいは後発的なさまざまな事象によって、内容が予告なしに変更される可能性があります。あらかじめご了承ください。

◆「とある魔術の電脳戦機」とは



「とある魔術の電脳戦機」は、電撃文庫を代表する小説「とある魔術の禁書目録(インデックス)」シリーズとのコラボレーションにより生まれた、バーチャロンシリーズとしては15年ぶりの最新作です。

「とある魔術の禁書目録」シリーズの原作者・鎌池和馬氏が同作のために全編を描き下ろしたストーリーに加え、バーチャロンシリーズ特有のハイスピードなゲーム性は、新アクション「トランジション」の追加やポイント制の採用により、さらに進化しています。

公式サイト:http://vo-index.sega.jp



(C)TANITA corporation. All Rights Reserved.
(C)SEGA

タニタが「ツインスティック」の増産を目指すクラウドファンディングを12月21日正午よりスタート!

《monnchi@インサイド》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら