ブリザードのMOBA『Heroes of the Storm』開発規模が縮小、未発表プロジェクトなどにスタッフを移行 | GameBusiness.jp

ブリザードのMOBA『Heroes of the Storm』開発規模が縮小、未発表プロジェクトなどにスタッフを移行

ブリザード・エンターテインメントは、PC向けMOBA『Heroes of the Storm(HotS)』の開発チームの一部を他プロジェクトへ移行させる方針であることを発表しました。

企業動向 発表
ブリザード・エンターテインメントは、PC向けMOBA『Heroes of the Storm(HotS)』の開発チームの一部を他プロジェクトへ移行させる方針であることを発表しました。

公式ブログによれば、ブリザードはこれまでで最も「提供中のゲーム」「未発表プロジェクト」が多い状態にあるとのこと。同社は、時として才能のあるスタッフやそのスキルを他プロジェクトに注ぐ必要があることを述べながら、結果として『HotS』開発メンバーを他チームへ移行させるという「苦渋の決断」を下したと伝えられています。

開発ペースには変動が生じるものの、今後も『HotS』は「ブリザードの世界観とキャラクターへのラブレター」的作品としてサポートを継続していくということです。また、2019年の「Heroes Global Championship」「Heroes of the Dorm」の開催が見送られることも明らかになっています。

なおGameSpotによれば、『HotS』開発チームは小規模になりながらも本作専属のメンバーが用意され、今後も新コンテンツをリリースしていく予定です。
《キーボード打海@Game*Spark》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら