TVシリーズ版『Halo』ルパート・ワイアットが監督を退任―制作の遅延が原因に | GameBusiness.jp

TVシリーズ版『Halo』ルパート・ワイアットが監督を退任―制作の遅延が原因に

Rupert Wyatt氏がTVシリーズ版『Halo』の監督兼エグゼクティブ・プロデューサーを退任したことが明らかになりました。

文化 その他
「猿の惑星:創世記」の監督として知られるルパート・ワイアットがTVシリーズ版『Halo』の監督兼エグゼクティブ・プロデューサーから退任したことが明らかになりました。

Deadlineによれば、本企画の責任者であるGary Levine氏は「『Halo』自体が非常に大きなシリーズであるため、正しく制作するためにスケジュールを遅らせていたことが原因である」と語ったとのこと。ワイアットは「『Halo』の制作は、素晴らしいチームと共に独創的でやりがいのある経験ができた」とコメントしています。

2013年の発表から5年、2019年に制作が開始されるとも報じられたTVシリーズ版『Halo』。監督の退任という決して明るくないニュースに少なからず不安が募りますが、今後の動向に注目していく必要がありそうです。
《杉元悠@Game*Spark》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら