『PUBG MOBILE』過去最大数のBANを記録―不正行為に対して今後も対策を強化 | GameBusiness.jp

『PUBG MOBILE』過去最大数のBANを記録―不正行為に対して今後も対策を強化

『PUBG MOBILE』の日本公式Twitterは、2018年10月30日から11月5日にかけて不正行為を確認した計7,883個のアカウントの利用停止措置を行ったと発表しました。

ゲーム開発 サーバー・ホスティング

PUBG MOBILE』の日本公式Twitterは、2018年10月30日から11月5日にかけて不正行為を確認した、計7,883個のアカウントの利用停止措置を行ったと発表しました。

『PUBG MOBILE』日本公式Twitterは、利用停止措置を行ったアカウント数を定期的に公開してきました。これまで利用停止措置を受けたアカウントは多くても926個でしたが、今回は過去最大の7,883個。今まで画像ファイルに不正行為をしたアカウント名を記載していましたが、今回はその量が膨大なためかPDFファイル形式でアップしています。

『PUBG MOBILE』日本公式Twitterは、利用停止措置アカウントの発表をするたびに「不正行為に対しては今後も対策を強化して参ります」とコメントしていました。今回の一件は、その対策の強化が結果として現れたと言っていいのかもしれません。
《真ゲマ@インサイド》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら