「PlayStation 2」本体・周辺機器アフターサービスが終了―18年の歴史に幕下ろす | GameBusiness.jp

「PlayStation 2」本体・周辺機器アフターサービスが終了―18年の歴史に幕下ろす

ソニー・インタラクティブエンタテインメントは、「PlayStation 2」本体および周辺機器について、2018年8月31日(金)を持ってアフターサービスを終了したことを発表しています。

企業動向 発表
「PlayStation 2」本体・周辺機器アフターサービスが終了―18年の歴史に幕下ろす
  • 「PlayStation 2」本体・周辺機器アフターサービスが終了―18年の歴史に幕下ろす
ソニー・インタラクティブエンタテインメントは、「PlayStation 2」本体および周辺機器について、2018年8月31日(金)を持ってアフターサービスを終了したことを発表しました。

以前より、「PlayStation 2」のアフターサポートについては、修理部品の在庫がなくなり次第、受付終了になる予定がアナウンスされていました。その後、2018年6月に、8月31日でのサポート終了が告知、予定通りにサポート終了に至っています。

PlayStation 2は、2000年3月4日に当時のソニー・コンピュータエンタテインメントから発売されたゲーム機。メディアをCDからDVDに映し、大きな進化を遂げていました。また、大きく親しみやすいボタン配置などおもちゃ然とした部分もあった初代「PlayStation」から、ベース色を含め雰囲気を一新。現世代の「PlayStation 4」にも繋がる製品のデザインラインが確立したのも同機種です。

発売から18年を迎え、遂に「PlayStation 2」は、公式にはその歴史に完全に幕を下ろした形となります。同機種に様々な思い出があるユーザーは少なくないのではないでしょうか。
《Arkblade@Game*Spark》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら