VTuberに“なる”と“配信する”がもっと簡単に―世界初の専用ライブ配信プラットフォーム「REALITY」始動 | GameBusiness.jp

VTuberに“なる”と“配信する”がもっと簡単に―世界初の専用ライブ配信プラットフォーム「REALITY」始動

企業動向 発表


株式会社Wright Flyer Live Entertainment(以下、WFLE)は、世界初となるVTuber“専用”のライブプラットフォーム「REALITY」を、8月7日より提供開始したことを発表しました。

VTuberが毎日ライブ配信を行い、まずは月間で約60時間配信(コラボ配信を含む)を目指し、「REALITY」の順次拡大を図るとのことです。早速8月7日21時00分からは、WFLEとIPプロダクション「Ficty」が共同プロデュースする「KMNZ(ケモノズ)」のライブ配信が行われます。


また、2018年秋にはPCや専用機材が一切不要で、スマホのみで簡単にオリジナルアバターが作れ、VTuberとしてライブ配信ができるアバタープラットフォームα版「REALITY Avatar(仮称)」が公開となることも発表されました。同サービスで作成したアバターはVRM出力にも対応予定。


さらに「REALITY」サービス開始記念として、2018年11月末まで手数料0%、3Dモデル制作料0%、売上還元率200%で同サービスを利用できる“出演VTuber応援キャンペーン”を実施中です。

自社キャラクターのVTuber化を考えている企業。すでに2DアバターでVTuberを運営しており、モデルのアップロードを行いたいと考えている方はぜひチェックしておきましょう。
《編集部@インサイド》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら