Discordにてパートナーサーバーへの権限剥奪措置が発生、一部に波紋広がる | GameBusiness.jp

Discordにてパートナーサーバーへの権限剥奪措置が発生、一部に波紋広がる

ゲーム開発 サーバー・ホスティング

Discordにてパートナーサーバーへの権限剥奪措置が発生、一部に波紋広がる【UPDATE】
  • Discordにてパートナーサーバーへの権限剥奪措置が発生、一部に波紋広がる【UPDATE】
人気チャットツール「Discord」。同ツールにて存在する、大規模サーバーを対象に様々な追加権限を与えるパートナー機能を巡って、1つの騒動が起こっているようです。

Polygonによれば、発端はRedditの関連コミュニティユーザーによる『FFXIV』の非公式Discordサーバー。ある日、同サーバーの管理者のもとへDiscord側から一方的なパートナー機能の破棄及び、同サーバー上のNSFW(いわゆる成人向けコンテンツのこと)チャンネル上に存在している、未成年に見えるキャラクターの成人向け画像を削除するかサーバーごとDiscord側に消去されるかを求める告知が行われたとのこと。

同サーバーの管理者は即座に問題となった画像を削除した模様ですが、Discord側は続けて、「攻撃的な投稿」を原因としてパートナー機能の永久的な剥奪を決定したと宣言。この流れが問題になったというのです。Discordの現規約では、今回の流れの原因となったいずれの問題点、「未成年に見えるキャラクターの成人向け画像の投稿禁止」、「パートナーサーバーにおける(本来の意味での)NSFWチャンネルの設置禁止」、「攻撃的な投稿の禁止」も確かにDiscordにおける禁止事項として述べられていますが、サーバーの管理者によれば一連の流れが一方的であったことに不満が集まっている模様。

また、パートナーサーバーにおけるNSFWチャンネルの設置禁止事項は2018年に入ってからの規約改定であるとのこと。一方で、NSFWチャンネルや成人向け内容の投稿はDiscordにおいては一般的に存在するケースであり、パートナーサーバー以外での利用については、適切な条件のもとで利用を明確に許容するガイドラインが存在。Polygonではパートナーサーバー上でのNSFWチャンネルの設置禁止が不公平であると指摘するユーザーの発言を取り上げています。

なお、大本の問題となった『FFXIV』の非公式Discordサーバーでは頻繁な管理が行われていたと同サーバーの管理者は主張しているようです。Discordのパートナーサーバー認定には、Twitchのフォロワー数1万人や、YouTubeチャンネル登録者10万人など、他ソーシャルメディア上における高い認知が必要であることもあり、多くのユーザーやサーバー管理者にとっては今回の1件は対岸の火事でしかない形となります。

しかしながら、「Discord」の利用者は年々高いペースで増加しており、禁止事項の中には今回問題の発端となった「未成年に見えるキャラクターの成人向け画像の投稿禁止」のように、パートナーであるか否かに関係なく直接サーバーの存亡に関わるケースがあるため、利用者は今一度ガイドラインを見直してみるのもよいのかも知れません。

いずれにしても今回の1件、重ね重ね記述する通り規約違反であることは間違いないため、そもそも規約違反や不法な使い方を避けるなどのルールを守っていくことが重要と言えそうです。

※UPDATE(2018/7/27):本文中の一部表現を加筆修正しました。

Discordにてパートナーサーバーへの権限剥奪措置が発生、一部に波紋広がる【UPDATE】

《Arkblade@Game*Spark》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら