噂:次世代Xboxは従来型コンソールに加え「クラウド専用バージョン」も登場か | GameBusiness.jp

噂:次世代Xboxは従来型コンソールに加え「クラウド専用バージョン」も登場か

E3 2018のメディア・ブリーフィングにて既に開発がスタートしていることが明らかにされた次世代Xboxですが、Microsoftのは従来型のコンソールとしてだけでなく、クラウド専用バージョンの投入も計画していると海外の技術系ニュースサイトThurrottが報じています。

ゲーム開発 その他

E3 2018のメディア・ブリーフィングにて既に開発がスタートしていることが明らかにされた次世代Xboxですが、Microsoftは従来型のコンソールとしてだけでなく、クラウド専用バージョンの投入も計画していると海外の技術系ニュースサイトThurrottが報じています

同サイトによれば次世代Xbox、コードネーム“Scarlett”のクラウド専用バージョンは“Scarlett Cloud”と呼ばれており、低消費電力でコントローラーの入力や画像処理、重要な衝突検出などを行うための限定的なローカル計算能力を搭載。ストリーミングボックスとしては少々高価ではあるものの、新世代のコンソールと比べればずっと安価であるとのこと。

また、Microsoftの計画に精通した人物は、マルチプレイヤーゲームがAzure(Microsoftのクラウドプラットフォーム)をセントラルサーバーとして使用していた場合、Scarlett Cloudのコンソールが物理的にマルチプレイヤーサーバーと近くなり、結果として遅延が低減される可能性があると述べています。

メディア・ブリーフィングではゲームストリーミングネットワークにも言及

2020年にローンチすると囁かれている次世代Xbox。まだ多くが噂の段階ですが、今後のさらなる続報に注目が集まります。
《RIKUSYO@Game*Spark》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら