『ダークソウルIII』には「バトルロイヤルモード」が存在した!?海外ユーザーが解析で没データを発見 | GameBusiness.jp

『ダークソウルIII』には「バトルロイヤルモード」が存在した!?海外ユーザーが解析で没データを発見

フロム・ソフトウェアの『DARK SOULS III』について、海外ユーザーがデータ解析により同作に未収録の「バトルロイヤルモード」が存在したことを明らかにしています。

ゲーム開発 その他


フロム・ソフトウェアの『DARK SOULS III』について、海外ユーザーがデータ解析により同作に未収録の「バトルロイヤルモード」が存在したことを明らかにしています。

海外メディアのPCGamesNによると、海外YouTuberのLance McDonald氏は『Bloodborne』と『DARK SOULS III』のデータ解析により、『DARK SOULS III』内に「儀式剣(バトルロイヤル:蝕夜)」という名称のデータを発見したとのこと。そして、最終的には、同作のアルファ版に、製品版ではカットされた同名のマルチプレイヤーモードが存在していたとのことです。


なお、当該のファイルデータはMcDonald氏のツイッターアカウントにて公開されており、同氏の呟きから確認可能。同氏はそのほかにも「儀式剣(バトルロイヤル:蝕夜)」をゲームに導入してみた検証画像も投稿しています。ただし、実際にゲーム内で使用し、バトルロイヤルを展開することは不可能だったらしく、同モードが具体的にどのような形式のゲームモードだったのかはまだ明らかになっていない模様。


ちなみに、McDonald氏は以前にも『Bloodborne』の未登場キャラクター映像などを投稿しており、今回の解析も信憑性はある程度担保されていると考えても良いかもしれません。同氏は他にも『DARK SOULS』関連作品の解析映像を多数投稿しているため、「バトルロイヤルモード」の再現に成功した暁には、まだ見ぬ不死者たちの生き残りバトルを確認することが出来るかもしれません。
《吉河卓人@Game*Spark》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら