米任天堂とSIEAがハードウェア保証ポリシーを更新、連邦取引委員会の警告に対応―海外報道 | GameBusiness.jp

米任天堂とSIEAがハードウェア保証ポリシーを更新、連邦取引委員会の警告に対応―海外報道

産業政策 産業政策

米任天堂とSIEAがハードウェア保証ポリシーを更新、連邦取引委員会の警告に対応―海外報道
  • 米任天堂とSIEAがハードウェア保証ポリシーを更新、連邦取引委員会の警告に対応―海外報道
  • 米任天堂とSIEAがハードウェア保証ポリシーを更新、連邦取引委員会の警告に対応―海外報道
海外メディアの報道より、ニンテンドー・オブ・アメリカ(米任天堂)とソニー・インタラクティブエンタテインメント・アメリカ(SIEA)が海外におけるハードウェアシステムの保証条件を更新したことが明らかになりました。

これは連邦取引委員会(FTC)による保証ポリシー改正の警告を受けたものと見られています。この警告は不適切な保証解除に対するもので、以下のようなポリシー例に更新が求められていました。

「特定の企業のパーツの使用には、製造者の保証と延長保証の維持が求められる」
「特定の企業から販売およびライセンスされていない製品を使用した場合、保証が適用されない」
「保証シールが変更・破損・または取り除かれた場合、保証が適用されない」

USgamerによれば、米任天堂SIEAは保証ポリシーを更新したとのこと。具体例を挙げると、米任天堂は「本製品が任天堂によって販売・ライセンスされていない製品によって破損した場合、保証は適用されない」といったように文言を修正しています。

なお、各社の保証ポリシー改定は米国・カナダを対象としています。また、同様の警告を受けた企業にはマイクロソフトやヒュンダイ、HTC、Asusが含まれているとも見られています。
《キーボード打海@Game*Spark》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら