Steamプライバシーポリシー変更の影響根強い「SteamSpy」、機械学習利用の新アルゴリズムで再起図る | GameBusiness.jp

Steamプライバシーポリシー変更の影響根強い「SteamSpy」、機械学習利用の新アルゴリズムで再起図る

企業動向 発表

先日実施されたSteamのデフォルトプライバシー設定の変更。この影響を受け、機能不全に陥っていたSteamの非公式統計サイト「SteamSpy」が暫定的に新アルゴリズムを導入したと発表しています。

これは、ゲームの所有者数について動作する機械学習を利用したアプローチで、未だ広範に取得可能なデータより統計を導き出す作りになっています。一方で、プレイヤー数や平均プレイタイムなどその他の統計については古いアルゴリズムのままであるとのことです。

Epic Gamesに所属する、SteamSpy運営のSergey Galyonkin氏は、Patreonにて、デフォルトプライバシー設定の変更以降、同サイトのサンプル数が3日で200万から6万へと大幅に減少した他、取得できたサンプルユーザーの大半がいわゆる“ハードコア”ゲーマーであることから、一部の統計以外には適さない旨を述べています。同氏は、この機械学習によるアルゴリズムに対し満足が得られなかった場合、「SteamSpy」をアーカイブ化することを検討しているとしました。


なお、このアルゴリズムの変化を受け、現時点で無料ユーザーは「SteamSpy」でのゲームの所有者数について、特定の数字ではなく一定の範囲、という形式での表示に変化。Galyonkin氏は、古いモデルから新しいモデルへのサイト移行には長い時間がかかる旨を述べた上で、共に頑張って下さい、とTwitterで呼びかけました。また、Patreonの投稿では開発者に対し、実際のデータとの差異の報告の協力を要請しています。

非公式であり、けして正確な統計サイトではないものの、使い方によっては有用なデータを得ることができた「SteamSpy」。果たして納得の行く形で新たな環境に対応できるのでしょうか。余談ながらDiscordのSteamSpyチャンネルでの報告によれば、現状は、50万本以上の売上のタイトルについては過大評価がなされる傾向にあるとのことです。
《Arkblade@Game*Spark》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら