スイッチ版『ダークソウル リマスター』開発に『L.A. ノワール』移植を手掛けたVirtuosが参加 | GameBusiness.jp

スイッチ版『ダークソウル リマスター』開発に『L.A. ノワール』移植を手掛けたVirtuosが参加

オーストラリア等級審査委員会に掲載された情報より、ニンテンドースイッチ版『ダークソウル リマスター』のリマスタリング開発にVirtuosが参加することが明かされました。

ゲーム開発 その他

オーストラリア等級審査委員会に掲載された情報より、ニンテンドースイッチ版『ダークソウル リマスター(DARK SOULS REMASTERED)』のリマスタリング開発にVirtuosが参加することが明かされました。

オーストラリア等級審査委員会Webサイトで確認できるダークソウル リマスター審査データによれば、今作はオーストラリアで「MA 15+(15歳未満は保護者の同伴が
必要)」に区分され、その開発をVirtuosが担当するとのこと。VirtuosはPS4版『ファイナルファンタジーXII ザ ゾディアック エイジ』やスイッチ版『L.A.ノワール』など、数々の移植開発に関わっていたことで知られています。

『ダークソウル リマスター』は、2018年5月24日発売予定。価格はパッケージ版が4,800円、DL版が4,300円(共に税別)です。
《キーボード打海@Game*Spark》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら