『Horizon Zero Dawn』が全米脚本家組合賞ゲーム部門で大賞を受賞! | GameBusiness.jp

『Horizon Zero Dawn』が全米脚本家組合賞ゲーム部門で大賞を受賞!

Guerrilla Gamesが開発を手がけ、非常に高い評価を得た2017年発売のオープンワールド・アクションRPG『Horizon Zero Dawn』が、2018年全米脚本家組合賞のゲーム部門で大賞を受賞しました。

その他 イベント

Guerrilla Gamesが開発を手がけ、非常に高い評価を得た2017年発売のオープンワールド・アクションRPG『Horizon Zero Dawn』が、2018年全米脚本家組合賞のゲーム部門(2018 Writers Guild Awards, Outstanding Achievement in Video Game Writing)で大賞を受賞しました。


受賞作品を掲載したページでは、ナラティブディレクターのJohn Gonzalez氏、リードライターのBenjamin McCaw氏、脚本のBen Schroder氏とAnne Toole氏、追加脚本のDee Warrick氏、Meg Jayanth氏が受賞者として名を連ねています。ちなみに本部門では『Horizon Zero Dawn』の他に『Dishonored: Death of the Outsider』、『Futurama: Worlds of Tomorrow』、『Madden NFL 18: Longshot』がノミネートしていました。

YouTube:https://youtu.be/L1L1Q3pi23g

動物の姿をした機械たちに支配された世界を舞台に、熟練ハンター「アーロイ」が忘れ去れれた大地の秘密と謎を解き明かす『Horizon Zero Dawn』。本作は拡張コンテンツ「凍てついた大地」を同梱した完全版『Horizon Zero Dawn Complete Edition』がPS4向けに発売中です。
《RIKUSYO@Game*Spark》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら