『ストV AE』ときど/ウメハラなどにプロライセンス発行―カプコン小野義徳もコメント | GameBusiness.jp

『ストV AE』ときど/ウメハラなどにプロライセンス発行―カプコン小野義徳もコメント

企業動向 発表

『ストV AE』ときど/ウメハラなどにプロライセンス発行―カプコン小野義徳もコメント
  • 『ストV AE』ときど/ウメハラなどにプロライセンス発行―カプコン小野義徳もコメント
カプコンは、『ストリートファイターV アーケードエディション』のe-Sports情報を集約する特設ページを公開し、日本eスポーツ連合発行のプロライセンス対象プレイヤーを発表しました。

日本eスポーツ連合の発足当初からジャパン・eスポーツ・プロライセンスの対象タイトルとなっていた『ストリートファイターV アーケードエディション』。今回、カプコンの推薦で本作プロライセンスが発行されたのは、ウメハラ選手やときど選手など、第一線で活躍するトッププレイヤー21人です。

  • ACQUA
  • 板橋ザンギエフ(DetonatioN Gaming)
  • ウメハラ(Twitch、HyperX、Red Bull、Cygames)
  • MOV(TeamGRAPHT)
  • かずのこ(team: Godsgarden)
  • ガチくん
  • キチパーム(AtlasBear)
  • GO1(CYCLOPS athlete gaming)
  • sako(SZ HORI)
  • だいこく(Wellplayed)
  • 立川(DetonatioN Gaming)
  • ときど(Echo Fox)
  • どぐら(CYCLOPS athlete gaming)
  • Nemo(Alienware)
  • ハイタニ
  • ふ~ど
  • ボンちゃん(Red Bull)
  • マゴ
  • まちゃぼー(トラロックエンターテインメント株式会社)
  • もけ(PONOS)
  • ゆかどん

また、本作のエグゼクティブプロデューサー小野義徳氏は、「JeSU認定のプロライセンス発行タイトルに認定されたことをうけて」という声明文も公開。日本eスポーツ連合が行うプロライセンスなどの取り組みに関して、"カプコンとして賛同できる"とし、協力体制を築いていく姿勢を見せました。

小野氏は日本e-Sports界の過去と現在や、カプコンの取り組みを振り返りつつ、CAPCOM Pro Tourについては、今後もプロライセンス所持/非所持にかかわらず参加できる旨を明らかにしました。

なお、小野氏によれば、カプコンがプロライセンス発行のために推薦したプレイヤーの基準は、「CAPCOM Pro Tour 2017 100位以内の日本人選手」とのこと。この基準のもとで選ばれた対象者22名の内、21名のプレイヤーがこの施策に賛同したことも明かされています。

小野氏の声明文全文はこちらより確認できます。
《秋夏@Game*Spark》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら