任天堂とイルミネーション、「スーパーマリオ」アニメ映画の企画開発を開始 | GameBusiness.jp

任天堂とイルミネーション、「スーパーマリオ」アニメ映画の企画開発を開始

企業動向 発表


任天堂は公式Twitterにて、イルミネーションと「スーパーマリオ」アニメ映画の企画開発を行うと発表しました。

イルミネーションは人気キャラクター「ミニオン」で知られるアニメーション制作会社。今回のプロジェクトにはイルミネーション創業者で代表のChris Meledandri氏と、マリオの生みの親である任天堂代表取締役フェローの宮本茂氏が共同で担当するとのことです。

任天堂はこの発表を通じて、「任天堂はこのプロジェクトを通じて、ゲーム以外の形においても任天堂IP(知的財産)を積極的に活用し、世界中で一人でも多くの皆様を笑顔にするための努力を続けてまいります。」とコメント。

また、イルミネーションも同リリースにて、「イルミネーションはこのプロジェクトを通じて、世界中の全年齢のお客様に、スーパーマリオという世界で最も有名なフランチャイズの愛されるキャラクターとストーリーに繋がっていただき、全てのプロパティに喜びと発見を注入するという会社の命題の達成に取り組み続けます。」としています。

【イルミネーションと任天堂「スーパーマリオ」アニメ映画の企画開発を開始】
https://www.nintendo.co.jp/corporate/release/2018/180201.html

任天堂とイルミネーションが、「スーパーマリオ」アニメ映画の企画開発を開始

《ねんね太郎@インサイド》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら