WargamingがモスクワにVRゲーム会社設立…『World of Tanks VR』も同時発表 | GameBusiness.jp

WargamingがモスクワにVRゲーム会社設立…『World of Tanks VR』も同時発表

オンラインタンクバトル『World of Tanks』を開発・運営するWargamingは、 モスクワにあるVRTechと提携し、VRゲーム提供会社「Neurogaming」を設立しました。

ゲーム開発 仮想現実

オンラインタンクバトル『World of Tanks』を開発・運営するWargamingは、
モスクワにあるVRTechと提携し、VRゲーム提供会社「Neurogaming」を設立しました。

発表によると、「Neurogaming」の初となるVRゲームタイトルは『World of Tanks VR』を予定。「Neurogaming」自体はキプロス、ニコシアに本社を置いていますが、開発スタジオはモスクワに設立されるとのことです。2018年中にはヨーロッパに、3月までにはアムステルダムとニューヨークにオフィスを増設方針とされています。

なお、現在「Neurogaming」はエンターテイメント向けVRソリューション「CinemaVR」テックを開発中。「CinemaVR」の特徴はマルチプレイと協力プレイにあり、2017年にロシアのモールで遊べた体験版には18万人以上のプレイヤーが体験しました。

また、Wargamingは、「PolygonVR」にも着目しており、VR部門に力を注いでいます。「PolygonVR」は長時間のマルチプレイにも対応しており、e-Sportsからも注視されています。「CinemaVR」と「PolygonVR」を組み合わせた新体験は、ロシア最大のVRパーク「VR Park City」で楽しめます。

現時点で『World of Tanks VR』の発売日や機種などの詳細は不明です。

Wargamingが『World of Tanks VR』電撃発表!VR市場に本格進出

《秋夏@Game*Spark》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら