Take-Two、インディーレーベル「Private Division」海外発表―Obsidian Entertainmentも参加 | GameBusiness.jp

Take-Two、インディーレーベル「Private Division」海外発表―Obsidian Entertainmentも参加

Take-Two Interactiveは、インディータイトルのパブリッシングを行う新レーベル「Private Division」を海外向けに発表しています。

ゲーム開発 インディー

Take-Two Interactiveは、インディータイトルのパブリッシングを行う新レーベル「Private Division」を海外向けに発表しています。

発表映像では、Panache Digital Gamesを始めとして複数のデベロッパーが紹介されており、その中には、『Fallout: New Vegas』や『Pillars of Eternity』で知られるObsidian Entertainmentの姿もあります。他にも「Private Division」には『Kerbal Space Program』を手がけるSquadや、『Halo』の共同制作を担当するV1 Interactiveが参加している模様です。

今後どのようなタイトルが同レーベルから発信されるのかはまだ分かっていませんが、アナウンスによれば、『Kerbal Space Program』の拡張パックを除いては、2019年まではリリースされるタイトルはなく、レーベルの本格始動はそれ以降になるとしています。
《Arkblade@Game*Spark》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら