『PUBG』中国市場向けモバイル版は2種類開発―幅広いユーザー獲得へ | GameBusiness.jp

『PUBG』中国市場向けモバイル版は2種類開発―幅広いユーザー獲得へ

ゲーム開発 その他

『PUBG』中国市場向けモバイル版は2種類開発!―トレイラーも公開中
  • 『PUBG』中国市場向けモバイル版は2種類開発!―トレイラーも公開中

先日テンセントより発表された中国市場向けのモバイル版『PLAYERUNKNOWN'S BATTLEGROUNDSPUBG)』ですが、海外アナリストDaniel Ahmad氏の報告によればモバイル版は異なるデベロッパーによって2種類開発されているとのこと。

1つはLightspeed & Quantum Studioが手がける『绝地求生: 刺激战场』で、オリジナル版『PUBG』に忠実な作品。もう1つはTimi Studio手がける『绝地求生: 全军出击』で、アクション要素が強めの作品となっているようです。いずれもUnreal Engine 4を採用。

『绝地求生: 刺激战场』

『绝地求生: 全军出击』

中国でのPC版独占運営権も獲得しているテンセント。2種類のモバイル版を用意することで、より幅広いユーザーの獲得を目指しているのかもしれません。

『PUBG』中国市場向けモバイル版は2種類開発!―トレイラーも公開中

《RIKUSYO@Game*Spark》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら