任天堂、平成30年3月期 第2四半期決算を発表─スイッチが躍進し増収増益、『スプラトゥーン2』361万本、『マリカ8 DX』442万本 | GameBusiness.jp

任天堂、平成30年3月期 第2四半期決算を発表─スイッチが躍進し増収増益、『スプラトゥーン2』361万本、『マリカ8 DX』442万本

任天堂は、平成30年3月期 第2四半期 決算を発表しました。

企業動向 発表

任天堂は、平成30年3月期 第2四半期 決算を発表しました。

2018年3月期の第2四半期(4~9月)の連結経営成績(累計) は、売上高が3,740億円、営業利益が399億円、経常利益が695億円、四半期純利益が515億円となり、大幅な増収増益を記録しました。

連結経営成績について同社は、ニンテンドースイッチのハード・ソフト面の販売状況も報告しており、ニンテンドースイッチのハードウェア販売台数は489万台、ソフトウェアの販売本数は2,202万本となりました。

当第2四半期にリリースされた『スプラトゥーン2』は361万本、『マリオカート8 DX』は442万本、『ARMS』は135万本を販売(いずれも全世界合計)と、いずれも高い人気を博する結果に。また、今年の3月に登場した『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』は、当期に193万本を売り上げ、累計販売本数は470万本に達しました。

ニンテンドー3DS関連では、新たに登場したNew ニンテンドー2DS LLが好評を博し、ハードウェアの販売台数は286万台(前年同期比5%増)に。ただしソフトウェアについては、前年同期比28%減の1,382万本という結果に着地。

ダウンロードビジネスは、売上高合計が228億円と前年同期比55%増。また、『スーパーマリオ ラン』や『ファイアーエムブレム ヒーローズ』が引き続き人気を集めた結果、スマートデバイス・IP関連収入等の売上高は179億円(前年同期比426%増)となっています。

今年の10月には『スーパーマリオ オデッセイ』が発売され、更に年末商戦も待ち受けています。今年度の後半戦で任天堂が更なる躍進を遂げるのか、注目が集まるところです。

■平成30年3月期 第2四半期決算短信〔日本基準〕(連結)
URL:https://www.nintendo.co.jp/ir/pdf/2017/171030.pdf(PDF)

■決算参考資料
URL:https://www.nintendo.co.jp/ir/pdf/2017/171030_4.pdf(PDF)
《臥待 弦@インサイド》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら