GearboxがG2A.comに対し大幅な改善要求―契約解消も | GameBusiness.jp

GearboxがG2A.comに対し大幅な改善要求―契約解消も

市場 デジタル流通

GearboxがG2A.comに対し大幅な改善要求―契約解消も
  • GearboxがG2A.comに対し大幅な改善要求―契約解消も
デベロッパーのGearboxが、ゲームキーのマーケットプレースサイトG2A.comに対し、サービスおよびシステムの大幅な改善を要求する声明文を発表しています。

発端となったのは、GearboxとG2A.comが今週発表していた、『Bulletstorm: Full Clip Edition』のG2A.com限定エディションの存在。この発表を受けて、人気ストリーマーであるTotalbiscuitことJohn Bain氏は、自身のサイト上で、「今後Gearboxのゲームは扱わないことを決意した」と報告。G2A.comには、クレジットカード不正利用によって大量購入されたゲームキーが流通していることや、G2Aがその保険料を徴収していることを問題として挙げ、インディーデベロッパーやパブリッシャー、小売店に深刻な被害を与えているなどと訴えていました。

Totalbiscuitの指摘をSNS上で目にしたGearbox Softwareは、すぐさま同氏にアプローチし、詳細をヒアリングしたうえでG2A.comの問題を調査。その上で、改善要求の声明を広報担当を通じて発表。

それによると、『Bulletstorm: Full Clip Edition』のSteam版発売までに、指定のスケジュールにそって、G2A Shieldの無料化(ユーザーが不正キーなどのトラブルにあった際に返金される保険サービス。現在は有料)や、コンテンツホルダーが不正キーを即座に削除できる機能の実装といった4項目にわたる要求を公約して実行しなければ、GearboxはG2A.comのサポートを中止し、契約も解消するという、強い姿勢の伺える内容になっています。

この要求に対するG2A.comの対応はまだ届いておらず、記事執筆時点で、『Bulletstorm』のG2A Collector's Edition Boxも予約中の状態。John Bain氏は、G2A.comがGearboxの要求を受け入れることは「まずありえないだろう」などと発言しています。

G2A.comは、過去にもRiot Gamesからプロ選手のスポンサリング禁止処分を受けたり、Ubisoft、CD Projekt REDといった大手ゲームメーカーと不正キーを巡るトラブルを起こしていました。
《Rio Tani》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら