G2Aに『LoL』プロチームのスポンサリング禁止処分―Riot社員「再検討の予定ない」 | GameBusiness.jp

G2Aに『LoL』プロチームのスポンサリング禁止処分―Riot社員「再検討の予定ない」

文化 eSports

G2Aに『LoL』プロチームのスポンサリング禁止処分―Riot社員「再検討の予定ない」
  • G2Aに『LoL』プロチームのスポンサリング禁止処分―Riot社員「再検討の予定ない」
Riot Gamesは、ゲーム配信サイトG2Aによる『League of Legends』プロチームのスポンサリング活動を禁止すると発表しました。

The Daily Dotが伝えるところによると、G2Aは、『LoL』世界リーグ「World Championship Series」規定に反する「アカウント販売」や「プレイ代行サービス」などを、第三者の出品者を通してサイト上で提供していたとのこと。Riot GamesはG2Aによるスポンサー支援を受けている複数の『LoL』プロチームに「G2Aロゴの撤回」を求めており、現在開催中の「League of Legends World Championships」参加チームにも影響が及ぶと伝えられています。

また、この件に関してRiot GamesスタッフJ.Eckert氏は海外フォーラムReddit上で、「9月18日に正式決定していた」「再検討の予定はない」とコメント。これに対して、G2A側からの正式なコメントは現時点で届いていません。

G2Aは日本のe-Sports団体「DetonatioN」「SCARZ」「DeToNator」ともスポンサー契約を結んでおり、どこまで影響が及ぶのか今後の動きが見守られます。
《subimago》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら