Crytekにて更なるレイオフが実施―ゲームとテクノロジーの開発に注力するため | GameBusiness.jp

Crytekにて更なるレイオフが実施―ゲームとテクノロジーの開発に注力するため

企業動向 人事

Crytekにて更なるレイオフが実施―ゲームとテクノロジーの開発に注力するため
  • Crytekにて更なるレイオフが実施―ゲームとテクノロジーの開発に注力するため
『Crysis』シリーズや「CRYENGINE」で知られるCrytekは、12月に発表されたビジネス戦略の変更を受けて、フランクフルトスタジオのパブリッシング業務に関わる15名の従業員をレイオフしたことを発表しました

また、本発表に関連して、同社はF2PのPC向けFPS『Warface』の運営を、ロシアのパブリッシャーMail.ruの子会社、My.comに移管し、リソースをマルチプラットフォームゲームの開発とCRYENGINEの進化に注力するとしています。『Warface』に関わっていた多くの従業員はそのまま新しいプロジェクトへと移動となるとのことです。

Crytekの共同設立者Avni Yerli氏は、このレイオフについて、「Crytekは常にゲームの境界を広げようと努力してきました。ゲームとテクノロジー開発に焦点を当てることを最優先に、ビジネスを縮小することが私たちの主な目標です。残念ながら、このプロセスの不可避的な影響の1つは、今日発表されている冗長性です。私たちはCrytekの一人ひとりの勤勉さと献身に非常に感謝しています。」とし、レイオフされた従業員に対して包括的なサポートと再就職の支援を行うことを表明しています。
《Arkblade》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら