カブク、グローバル・ブレイン、電通、三井住友海上キャピタルから総額約7.5億円を調達 | GameBusiness.jp

カブク、グローバル・ブレイン、電通、三井住友海上キャピタルから総額約7.5億円を調達

企業動向 資金調達

3Dプリンタを使ったデジタルものづくりプラットフォーム「Rinkak(リンカク)」を運営する株式会社カブクが、事業の強化を目的として総額約7.5億円の資金調達を実施する。

カブクは、個人や法人の作り手と3Dプリンターを保有する製造工場を繋いだものづくりマーケットプレイスである「Rinkak Marketplace」を2013年から提供しており、現在は3Dプリントで自動車のカスタムパーツ制作を行うトヨタ自動車株式会社との共同プロジェクト「OPEN ROAD KITCHEN」や、株式会社ロフトとの共同プロジェクトである「ロフトラボ3Dフィギュアスタジオ」なども手掛けている。また、3Dプリンタ工場向けの基幹業務クラウドサービス「Rinkak 3D Printing Manufacturing Management Service(Rinkak 3D Printing MMS)」も本格展開している。

今回の資金調達は、開発体制とグローバル展開体制、デジタルものづくりプラットフォーム機能を強化することを目的に行うもので、同社ではこれによりさらなるサービスの開発、拡充の推進に務め、グローバルでのデジタルものづくりプラットフォーム構築を目指すとしている。引受先の概要は以下のとおり。

・グローバル・ブレイン株式会社(東京都渋谷区、代表取締役:百合本安彦、以下、「グローバル・ブレイン」)が運営する投資事業有限責任組合

・株式会社電通デジタル・ホールディングス(本社:東京都港区、代表取締役社長:遠谷 信幸、以下、「DDH」)が運営する投資事業有限責任組合

・三井住友海上キャピタル株式会社(本社:東京都中央区、取締役社長:五十嵐 仁志、以下、「三井住友海上キャピタル」)が運営する投資事業有限責任組合
《籠谷千穂》

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら