カブク、3Dプリンタで出力したアイテムのマーケットプレイス「rinkak」を正式オープン | GameBusiness.jp

カブク、3Dプリンタで出力したアイテムのマーケットプレイス「rinkak」を正式オープン

その他 その他

株式会社カブク  が、3Dプリンタで出力したアイテムを売買できるオンラインマーケットプレイス「  rinkak  」を正式オープンした。
  • 株式会社カブク  が、3Dプリンタで出力したアイテムを売買できるオンラインマーケットプレイス「  rinkak  」を正式オープンした。
株式会社カブクが、3Dプリンタで出力したアイテムを売買できるオンラインマーケットプレイス「rinkak」を正式オープンした。

rinkakは、高機能3Dプリンタで制度の高い立体物をオーダーに基づいて1個から製造・販売するサービス。クリエイターはサイト上に3Dモデルのデータをアップロードし登録するだけで作品の販売が行え、自分自身で3Dプリンタから出力する必要はない。対応可能な出力素材はプラスチック、ラバー、陶器、金属、フルカラー石膏など30種類以上あり、既にフィギュアやアクセサリー、日用雑貨など様々な作品が販売されている。
《籠谷千穂》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら