2015年の「ゲーム予約購入数」は昨年比24%増―ユーザーからは悲観的な声も | GameBusiness.jp

2015年の「ゲーム予約購入数」は昨年比24%増―ユーザーからは悲観的な声も

市場 市場動向

(c)GettyImages
  • (c)GettyImages
Adobe Digital Index(ADI)の調査結果より、2015年度における「ゲーム予約購入数」が2014年より24%上昇したと報告されています。また、パブリッシャーの予約受注収益においても33%の増加が確認されています。

海外メディアVentureBeatが伝えたところによると、ADIは予約購入数/収益数のほか、ユーザーからの反応も公表しているとのこと。調査投票に参加した33%のユーザーが「予約購入」を悲観的に捉えている模様です。限定コンテンツを始めとしたインセンティブは予約購入数の上昇に一役買っているようですが、一定数のユーザーと対立する結果を残しています。

また、VentureBeatはこの調査結果を挙げながらも「発売日に発生する問題に対して、ゲーマー達に苛立ちが募っている」とも報告。いくつかのAAAタイトルを例に挙げながら、グリッチやゲームプレイに影響を及ぼす問題が多く伝えられていたと改めて報じています。
《subimago》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら