『龍が如く』シリーズ累計出荷本数が750万本を突破…『誓いの場所』アジア地域で50万本超 | GameBusiness.jp

『龍が如く』シリーズ累計出荷本数が750万本を突破…『誓いの場所』アジア地域で50万本超

その他 その他

セガは、2015年12月8日で10周年を迎える『龍が如く』シリーズの全世界累計出荷本数が、750万本を突破したと発表しました。
  • セガは、2015年12月8日で10周年を迎える『龍が如く』シリーズの全世界累計出荷本数が、750万本を突破したと発表しました。
  • セガは、2015年12月8日で10周年を迎える『龍が如く』シリーズの全世界累計出荷本数が、750万本を突破したと発表しました。
セガは、2015年12月8日で10周年を迎える『龍が如く』シリーズの全世界累計出荷本数が、750万本を突破したと発表しました。

2005年12月にPS2ソフトとして登場した『龍が如く』は、「極道」をモチーフとした大人向けのタイトルとして大きな話題を呼びました。巨大歓楽街“神室町”を舞台に繰り広げられる、少女・遥との出会いから幕を開ける骨太な人間ドラマを描いたストーリーや、多彩なサブストーリーをはじめとする遊び心満載の要素などが多くのユーザーを魅了。廉価版パッケージを含めて、100万本を突破する大ヒットを記録しました。

また2006年12月には、続編となるPS2ソフト『龍が如く2』が登場。2007年3月には劇場版が公開されるなど、その活躍の場は更に拡がり続け、空前の好景気に湧く1988年の東京と大阪を舞台としたシリーズ最新作『龍が如く0 誓いの場所』では、桐生一馬と真島吾朗を中心とした史上最も危険なドラマを展開。過去の時代を描いたこともあり、シリーズファンはもちろん、未経験者のユーザーにとっても遊びやすい一作となりました。

その後もシリーズを積み重ねてきた『龍が如く』ですが、このたびシリーズ累計の出荷本数が750万本を突破したことが明らかとなりました。また最新作『龍が如く0 誓いの場所』も、アジア地域にて累計出荷本数50万本を突破したとのこと。今後の展開にも期待がかかります。

(C)SEGA
《臥待弦》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら