マイクロソフト、第3四半期業績発表―Xboxプラットフォームで売上減少、値下げ影響 | GameBusiness.jp

マイクロソフト、第3四半期業績発表―Xboxプラットフォームで売上減少、値下げ影響

その他 その他

Windows 10の発表、Mojangの買収、Xbox Oneの値下げなど活発な動きを見せるマイクロソフト。同社の第3四半期業績発表にて、Xboxプラットフォームの売上減少が報告されました。

第3四半期業績では、Xboxプラットフォームでのコンソール販売台数が昨年比で20%減少し、売上が3億600万ドル/24%減少したことを報告しました。売上減少の要因として、販売台数の減少とXbox Oneの値下げが影響しているとのこと。一方で、Xbox Liveの使用率は第3四半期で30%上昇したことが報告されています。

また、コンピューティング/ゲーミングハードウェア部門に属するSurface Pro 3が好調な販売成績を記録し、昨年比2億1900万ドル/44%の増加が報告されたものの、部門全体では昨年比7200万ドル、4%の減少となっています。

なお、マイクロソフトの全体売上は217億ドルに成長したと報告されています。
《GameBusiness.jp》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら